高齢で背骨が曲がり腰も痛い。整体で注意すべき事はなんでしょうか?

高齢者の整体で注意すべき点

事例の女性は70歳。ブロック注射で腰痛をケア、

すっかり意気消沈しておられました。このような方の整体の注意点は、腰に負担を集中させない体作りです。そのためには正しい姿勢を邪魔している部分を改善していく、さらに体の自然な動きを少しでも取り戻していきます。そうやって全身が腰をカバーしてくれる体を作っていきましょう。プロの整体師向けの記事です。

「目次」

  1. 整体とセルフケアでの注意点
  2. 痛みが強い場合の注意点
  3. 安全な整体のための注意点
  4. モチベーションをあげよう!

 骨盤力「いいね!」マーク

1整体とセルフケアでの注意点

正しい姿勢を邪魔している部分を整体で改善していきましょう。

体の自然な動きを少しでも取り戻し、全身が痛めた腰をカバーしてくれる体を作りましょう。そのためにも正しい姿勢になるのを邪魔している部分を再確認します。そしてアドバイスを行いましょう。

  • 足の指のDIP関節、PIP関節は自然に屈曲進展するか。
  • 足のアーチはボールペン1本の隙間があるか。
  • 膝を90度に屈曲したときに足首は自然と背屈してくれるか。
  • 足首が自然と外側に向くように前脛骨筋などのすねの筋肉が横方向の柔軟性を持っているか。
  • ひざ関節はまっすぐに伸びて、連動して股関節の外旋運動ができているか。
  • 膝蓋骨は8方向にゆるゆると動くか。
  • 股関節は足の動きと連動しスムーズ&引き締まりを切り替えてくれるか。
  • 股関節は6方向に動いているか。
  • 骨盤は締まっているか。
  • 肩甲骨は6方向に動いているか。

などを確認していきますが、これを順番に行うと複雑になってしまうので骨盤力7ステップに沿って見ていくと漏れがなく見る事が出来ます。

セルフケアの注意点1

上記の正しい姿勢になるのを邪魔している部分で結果を感じてもらえる事が説得力が生まれます。さらに優先順位を立てて「これだけはぜひ!」とセルフケアのメニューを絞り込みましょう。

セルフケアの注意点2

ご高齢で関節の動きや可動範囲が小さくなっていても、その方の出来る限りの動きの中で最適の状態を見てあげるようにしましょう。そして1mmでも出来たら褒めましょう。セルフケアをやる気にさせるとても大切なことです。

70歳の女性の事例です。腰痛を避けるためにわざと背中を曲げて防御の姿勢をとっておられます。骨盤は開いてしまい肩甲骨付近に重心が来てしまっています。重心が高いためにますます不安定になり痛みも重なって歩くのも辛いそうです。何よりも辛いのは意欲がなくなった事です。「今更なにも・・・」という。

骨盤力ビフォーアフター

 骨盤力「いいね!」マーク

2痛みが強い場合の注意点

痛みの優先順位を決め20分以内に整体を終わらせましょう。

それ以上長いと身体への負担が大きいです。そのためには優先順位を見極める必要があります。優先順位の決め方は首>肩>腰>足の順番。つまり疲労回復の順番と同じです。整体を行うときは健側から必ず行います。

骨盤力の応用 > 作業位を必ず守ろう。

力や体重をかけて整体行ってはいけません。危険です。作業位で指先の感覚を研ぎすまし経絡の左右の差に気がつくようにしましょう。ノートに糸を挟んで指でなぞる練習がここで生きています。

作業位

指は開いていませんか?

指が開いていると丹田に力が入りにくくなり腕力や体重に頼った整体になりがちです。高齢者や痛みが強い方。さらには子どもから妊婦さんまで危険です。

ストレッチのコツ、指は閉じる

骨盤力の応用、動き > 人間の体の自然な動きを再確認しよう。

人の体の自然な動きを見ていくときは実際に体を動かしてこそ分かるものです。ベッドに寝ているだけの人を整体行っても分かる事は限られています。しかし闇雲に体を動かしても危険です。体幹の正しい使い方を理解し、対角線の方向で治療LINE>運動LINEの順番で動かして確認していきましょう。

作業位の構え

 骨盤力「いいね!」マーク

3安全な整体のための注意点

自分が体感を使えてなかったら相手も体幹が使えなくなります。

これはお年を召した方の整体を行う時ほど大切です。整体を行うときは必ず作業位と正しい体幹の使い方で行うようにします。

写真Aは施術者が体幹を使えてない例です。

施術者が体幹を使えていないために安定していません。そのために寝ている人も安心して力を発揮できなくなっています。だから腰が上がっていません。

お年を召した方はこのような動きは無理で意味がないと思うかも知れませんが違います。正しく体幹を使えば動けます。

体幹の正しい使い方

整体師の姿勢が悪い、体幹の使い方も問題があるでは説得力も効果も疑問があります。

ご高齢の方の整体に限らず整体の効果を引き出すには、姿勢や体幹の正しい使い方が極めて大切です。そのためには先ずは整体師が姿勢や体幹の正しい使い方を理解し実践している事が大切です。自分が出来てないものを相手に指導するほど滑稽なことはないですから。安全のためにも重要です。

 骨盤力「いいね!」マーク

4モチベーションをあげよう!

どんなに素晴らしいセルフケアプログラムも、やる気なかったら意味がありませんね。

美然治癒力でいっきにやる気を引き出すというのはどうでしょう。姿勢は人間の器そのものなので器(姿勢)が歪めば外見も歪むし中身も歪みます。器(姿勢)を整え美しくすることで先ずは美の喜びを感じていただく。自動的に中身も整い自然治癒力も高まることも期待できそうです。病は気からと申しますし美の力は大きいと思います。とくに女性は。

美然治癒(登録商標)

美しくなる事の喜びには年齢は関係ありません。

骨盤力ビフォーアフター

こちらの女性は70歳、ブロック注射で腰の痛みをしのぎながら出口の見えない生活を送っていられました。整体では最初に骨盤力を回復させ姿勢の土台を作りました。土台が安定してない家では安心して住めないのと同じで、姿勢の土台=骨盤を安定させます。すると安心してくれたのでしょう。上半身の力みが緩和さてて背筋が伸びてくれました。

さらに正しい姿勢になるのを邪魔している部分を丁寧に改善していきました。背中がまっすぐ、肩幅がスマートになりました。ヒップも上がっています。O脚も揃い始めてきています。美しくなって喜ばない方はいません。もちろんこちらの女性にもとても喜んでいただきました。そして骨盤力のセルフケアプログラムを指導させていただきました。喜んでやってくれています。

最も安全な整体とは自分で動く事です。しかも義務でもルーティンワークでもなく、楽しいと思えて動くことです。正しい姿勢になって美しくなる。これこそが美然治癒力だと思います。

骨盤力の開発者、松乃わなり骨盤力「公式」ガイド監修
骨盤力スクール(東京,札幌,福岡)最高責任者 / 松乃わなり

歪み解決専門メソッド、骨盤力の実践勉強会(東京)

骨盤力の実践勉強会

関連記事

  1. プラスチックの椅子と集中力

    集中力がみるみるアップ!プラスチックの椅子と姿勢の深い関係

  2. 朝起きると腰が痛いときの腰痛ストレッチ

    朝起きたときに痛くなる腰の「骨盤力ストレッチ」

  3. 仙骨を立てて座る

    前傾姿勢と肩こりの関係

  1. 4コマ美尻ガイド脚の外旋タイプ

    2019.11.04

    4コマガイド・美尻の作り方(脚が外向きタイプ)

  2. 骨盤のタイプと美尻

    2019.11.04

    骨盤後傾タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を…

  3. 4コマダイエットの効率化

    2019.11.03

    4コマガイド・ダイエットの効率を骨盤力で引き上げる方法

  4. ダイエットの効率を骨盤力で

    2019.11.03

    ダイエットの効率を骨盤力で引き上げる方法を教えてください…

  5. 2019.10.31

    4コマガイド・体温を上げるセルフケア

  6. 女性

    2019.10.31

    体温を上げたいです。整体でも体温は上げられますか?

  7. 4コマガイド・骨盤で歩くためのセルフケア,後編

    2019.10.30

    4コマガイド・骨盤で歩くためのセルフケア,後編

  8. 4コマガイド・骨盤で歩くためのセルフケア,前編

    2019.10.29

    4コマガイド・骨盤で歩くためのセルフケア,前編

  9. 2019.10.29

    骨盤で歩くための骨盤力メンテナンス厳選7つ

  10. モデル歩きのコツ

    2019.10.28

    4コマガイド・モデル歩きのコツ。あえて1つを選ぶならどれ…

  1. 立つ歩く座る、全身の統一感

    2019.02.23

    体幹が歪んでいると言われました。どうしたら良いでしょうか…

  2. 生きてください

    2019.01.20

    始業式を迎える子どもたちへ。生きて。逃げてもOK!

  3. 4コマガイド・骨盤で歩くためのセルフケア,前編

    2019.10.29

    4コマガイド・骨盤で歩くためのセルフケア,前編

  4. ストレッチ

    2019.04.23

    姿勢を正しく美しくするポイントを頭から骨盤〜つま先まで解…

  5. 猫背で座る

    2019.02.05

    いつもお顔下向きでスマホいじり、その害は口〜首筋〜喉元に…

  6. 肩甲骨の動きと姿勢

    2019.01.25

    シャープな肩を維持するために、肩甲骨7つの点検項目

  7. 4コマガイド・ハイヒールで階段を楽しく登る方法

    2019.10.26

    4コマガイド・ハイヒールで階段を楽しく登る方法

  8. 4コマガイド 後ろ姿

    2019.10.24

    4コマガイド・鏡を使わず後ろ姿を一瞬で点検する方法

  9. 美尻を作る5つの骨盤のタイプ

    2019.09.25

    美尻の作り方。5つの骨盤タイプ別、美尻ガイド

  10. 体育座り

    2019.01.31

    正しい体育座りと猫背の体育座り、決定的に違う点は気持ち落…

  1. ダイエットの効率を骨盤力で

    2019.11.03

    ダイエットの効率を骨盤力で引き上げる方法を教えてください…

  2. 体幹

    2019.09.28

    体幹とは(前編)骨盤、姿勢、動かし方まで徹底解説

  3. 立つ歩く座る、全身の統一感

    2019.02.23

    体幹が歪んでいると言われました。どうしたら良いでしょうか…

  4. 上向きで寝る

    2019.01.23

    世界一簡単と思う猫背の治し方

  5. 女性

    2019.10.31

    体温を上げたいです。整体でも体温は上げられますか?

  6. 脇を開く、締める

    2019.10.25

    二の腕の引き締め、タプタプに逆戻り > それ骨盤から引き…

  7. ハムストリングスのストッレッチとジャングルマラソン

    2019.01.21

    腰が硬いから腰痛になると言われました。腰の柔軟性の目安な…

  8. 高齢者の整体で注意すべき点

    2019.01.21

    高齢で背骨が曲がり腰も痛い。整体で注意すべき事はなんでし…

  9. 肩甲骨の動きと姿勢

    2019.01.25

    シャープな肩を維持するために、肩甲骨7つの点検項目

  10. アナトミカルポジション

    2019.01.25

    アナトミカルポジションを意識した姿勢矯正のポイント

骨盤力スクール (東京,北海道,福岡)

骨盤力スクール