顔、眉間にしわを寄せる

見た目年齢

お顔が歪む下向きの姿勢、5つ事例と対策。

2019年1/28編集 < 2018年8月投稿。

お顔が歪む下向きの姿勢。

骨盤力が低下し姿勢が崩れると、下向きの姿勢になりがちで重力がお顔を下に下げます。お顔の筋肉はか弱い皮筋でいつも下向きの姿勢では重力に対抗するのも大変です。さらに姿勢はメンタルと直結しています。メンタルはお顔の歪みと関係していることは誰もが知っていることですね。

骨盤力の開発者、松乃わなり骨盤力「公式」ガイド監修
骨盤力スクール(東京,札幌,福岡)最高責任者 / 松乃わなり

「目次」

  1. 下向きの姿勢はマリオネットラインに
  2. 下向きの姿勢は出っ歯の原因に
  3. 下向きの姿勢は口角の歪みの原因に
  4. 下向きの姿勢は眉間に皺が寄りやすい
  5. 意識の持ち方でお顔は歪む
  6. そもそもなぜ下向きの姿勢になるの?
  7. お顔が歪むのを3つの丹田で守る

骨盤力と姿勢「骨盤力公式ガイド」機能美「骨盤力公式ガイド」ダイエット「骨盤力公式ガイド」見た目年齢「骨盤力公式ガイド」痛み不調「骨盤力公式ガイド」骨格、筋肉「骨盤力公式ガイド」

 骨盤力「いいね!」マーク

1下向きの姿勢はマリオネットラインの原因になります。

皮筋という弱い筋肉で出来ている唇の周りの筋肉が弱くなるからです。

唇の周りの筋肉、口輪筋(こうりんきん)はここから放射状に表情筋へ伸びていきます。これが緩むので口がポカンと空いた締まりのない顔になります。

下向きの顔

口輪筋は皮筋です。骨格筋に比べて弱い筋肉です。

皮筋とは骨につながっている骨格筋と違って皮膚につながっている浅い筋肉が皮筋です。皮筋は犬が濡れた体をブルブルと震わせて体についた水や埃を払いのけるような動きの筋肉。しかし人間は服を着て体を守っているので皮筋は退化し、お顔にだけ残し感情や意思を伝えるために発達しました。

お顔の一部を動かすだけで皮筋は使われるのでそれほど強い力を持つ必要はないのです。だから唇の周りの筋肉、口輪筋(こうりんきん)は弱い存在なのです。

マリオネットライン

いつも下向きでいると口輪筋は垂れ下がる方向に重力がかかります。それを薄い皮筋は支え続けるのは大変です。これが常に続くと口がポカンと開いた締まりのない顔になり、さらに進むと口元から顎にかけて立てに緩みます。マリオネットラインです。

ほうれい線

参考 > からだの地図帳(講談社)

 骨盤力「いいね!」マーク

2下向きの姿勢は出っ歯の原因になります。

前歯に舌があたり前歯を外に押します。葉は内側からの圧には極めて弱いからです。

歯が外側に広がらないように唇が抑え込んでいます。しかし姿勢が悪いと下向きの姿勢になり舌が前歯につきがちになります。前歯についた舌は前歯を外側に押しますが。歯は内側からの圧には弱くそれはアーチ橋の写真をみれば一目瞭然です。

ちなみに歯がぐらつくので歯周病にもなりやすいと歯科医師さんに教えていただきました。

歯とアーチ

参考 > ナカイデンタルオフィス

 骨盤力「いいね!」マーク

3下向きの姿勢は口角の歪みの原因になります。

下向きの姿勢は鎖骨経由で首〜アゴにつながる筋肉の左右がアンバランスになるからです。

姿勢が悪いと骨盤が緩み内転筋も緩んでしまいます。姿勢の悪い人の座り姿勢は膝が揃ってないのはこのためです。そしてここからの解剖学的なメカニズムは不明ですが、内転筋が緩むとお腹〜横隔膜経由で鎖骨の下に強い痛みが出ます。この痛みはお顔の歪みにも影響を与えます。その理由は以下です。

鎖骨には耳の下につながる胸鎖乳突筋があります(下イラスト赤い円)お顔が歪んでいる方の胸鎖乳突筋を触診してみると左右の筋肉の緊張度合いが違うことが殆どです。

姿勢が悪い > 骨盤が緩む > 内転筋も緩む > 理由は不明ですがお腹〜横隔膜経由で鎖骨の下に痛みが出る > 鎖骨から耳の下につながる胸鎖乳突筋の左右差が出る > お顔の歪みにつながる可能性がある。

鎖骨の下の強い痛みはお顔の歪み矯正のために必ずとる必要があります。

猫背で喉元はたるみ

内転筋のエクササイズ

お顔の歪み矯正の下支えのようなものです。床側の脚をゆっくりと持ち上げては降ろします。骨盤を閉じておこないましょう。

内転筋のエクササイズ

 骨盤力「いいね!」マーク

4下向きの姿勢は眉間に皺が寄りやすい。

試してみよう

お顔を上げて(斜め上を見る感じ)眉間に皺を寄せてみましょう。次にお顔を下向きにして眉間に皺を寄せてみましょう。

お顔下向きの方が眉間に皺を寄せやすいことが体験できます。

眉間にシワを寄せると肩に力が入り肩こりの原因になります。

眉間にシワを寄せる皺眉筋と前頭筋が収縮し頭を前に引き寄せます。前に移動した頭を支えるために肩に若干ですが力が入ります。これが習慣化すると肩こりの原因です。肩こりが辛いとしかめ面になりがち、お顔のシワもが増えるって感じでしょうか。
試してみよう
眉間にシワを寄せてみます。お顔が少し前に突き出て眉間に力が入るが体験できます。さらに口元がひきつります。

眉間にしわを寄せる

眉間にシワを寄せる皺眉筋(しゅうびきん)

眉頭の上にある2つの筋肉が寄って眉間に縦のシワを作ります。

前頭筋(ぜんとうきん)

前髪の生え際〜おでこに広がる筋肉です。 皺眉筋(しゅうびきん)が垂れ下がらないように吊り下げるように支えています。

 骨盤力「いいね!」マーク

5意識の持ち方でお顔は歪みます。

これは説明不要かと思います。心はお顔の表情と変えますから。

最新の3Dの骨格シュミレーターを使ってお顔の表情を動かしてみました。素敵な表情から怒りまで4パターンを作ってみました。

(1) 眉間の奥に意識をおいた表情です。

好奇心に溢れている表情です。眼輪筋や前頭筋といった顔全体を引き上げ、まぶたと目尻を引き上げる筋肉が活発に働き始めます。大頬骨筋や、咬筋といった頬や口の周りの筋肉が働きます。口角の上がった魅力的な表情を創ります。

この表情は視野が広くなる事です。少林寺拳法の構えでは、「八方目」という目を動かさないで八方を見る構えがあります。複数の相手と組み手を行う時に周りにも気を配る構えです。この構えは人の話を聞くときの姿勢に現れます。

人の話を興味深そうに聞く、もっとあなたの話を聞きたい。もっと多くの事を知りたい。好奇心が芽生えているときの表情がまさにこれです。

(2) 決断の時の表情です

勉強は人に聞き、決断は人に聞くなと思っているのですが、上丹田(眉間の奥)に意識を持っていく事で自分の心に聞く。そのような表情になります。眉間の奥で何かを決断すべきことを考えている表情です。

上丹田に意識をおいたお顔の変化

(3) 口がポカン、ヌケた顔です

上丹田に意識が入ってなく口元がポカんと空きます。表情筋全体が下に垂れ下がり、瞳にも意思が感じられずみるからにダルそう。つまらなさそう。意欲がなさそう。頼りなさそう。そのような表情です。

(4) 眉間にシワを寄せた表情です。

眉間の表面に意識があります。いつも何かに不満を抱えている、怒っている、何か言うとすぐに文句を言われそう。そのような険しい表情です。それにしても同じ人物の骨格をカリブレーションしただけなのに、別人のような変化です。

 骨盤力「いいね!」マーク

6そもそもなぜ下向きの姿勢になるの?

骨盤力が低下し姿勢の土台が不安定になったからです。

人間は不安を感じるを下向きの前傾姿勢になります。

  • 身構える姿勢も前傾姿勢です。
  • 地面が凍っていて滑って転びそうなときも前傾姿勢になります。
  • お化け屋敷を探検するときも前傾姿勢になります。
  • 地震が起きると前傾姿勢になります。
  • 風が強くても前傾姿勢になります。
  • 雨が降っても前傾姿勢になります。

このようにいつもと違うことになると人は前傾姿勢になりお顔も下向きになりがちです。こじつけかも知れませんが骨盤力が低下し足腰に力が入ってないと、足腰が不安定になるために前傾姿勢で身構えているのだと骨盤力は考えています。

 骨盤力「いいね!」マーク

7お顔が歪むのを3つの丹田で守りましょう。

ここに気が宿るからです。

  • 上丹田は神を蔵す。ポジティブな表情を作ります。
  • 中丹田は気を蔵す。呼吸や対人関係で自信を生み出したりします。
  • 下丹田は精を蔵す。腹が座った、腹をくくったなどと言うように身心一如。身体と心を調和させる大事な部分。

3つの丹田

3つの丹田の連携。正しい姿勢の土台、骨盤力をしっかりとさせましょう。

人間の正しい姿とは上半身は風に揺れる枝葉のように肩の力が抜けてリラックス。足腰は根っこのように引き締まっていることです。

肩こりがある、偏頭痛がある。腰痛。脚のむくみなどあるとイラスト左の可能性高いかもです。骨盤矯正(骨盤力矯正)で正しい姿勢の土台を作り3つの丹田を連携させましょう。

骨盤力と植物
上のイラスト左では骨盤力が低下し足腰に力が入らない状態です。

お顔の歪みと猫背など下向きの姿勢。まとめ

姿勢が良いとは効率の良い状態です。ゆとりも出てくるでしょうしお顔にもそれは出ます。目は口ほどに物を言うと言いますがそれは全身の姿勢から醸し出す雰囲気なのでしょう。お顔が歪みと姿勢は大きく関係していると思います。

歪み解決メルマガ

いろいろと書いてあるけど、結局は何からやればいいの?

そんな声を受けて順番に学べるように工夫しました。

お名前

メールアドレス



登録解除も簡単。安心して学んでください。読者の感想はこちらです>>>

ピックアップ記事

  1. 姿勢で分かる。パワハラの上手なかわし方!
  2. 姿勢を正しく美しくするポイントを頭から骨盤〜つま先まで解説
  3. 骨盤後傾タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう
  4. 脚が内旋タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう
  5. 脚が外旋タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう

関連記事

  1. しなやかな体軸と歩き方
  2. 肩甲骨の動きと姿勢

    見た目年齢

    シャープな肩を維持するために、肩甲骨7つの点検項目

    シャープな肩は総合力の賜物です。しかし肩は油断するとズレたり動…

  3. 女性の後ろ姿
  4. ダイエット腕立て伏せ(プランク)

    見た目年齢

    腕立て伏せを目的別にイラストで詳しく解説

    腕立て伏せの正しい方法って、習う機会もないように思えます。そこ…

  5. 女性

    見た目年齢

    バスト〜デコルテのラインを骨盤力で仕上げる方法

    2019年1/23編集 < 2018年3月投稿。骨盤力と重…

  6. 猫背で喉元はたるみ

    見た目年齢

    鎖骨を制する者、見た目年齢を制する! 鎖骨ストレッチ。

    鎖骨が全部関係しています。デコルテライン。喉元。シャープなアゴ…


お名前

メールアドレス



骨盤力スクール(東京、北海道、福岡)

骨盤力スクール

人気のガイド

  1. 足つぼ
  2. 膝
  3. モデル歩き
  4. 鎖骨下と肩甲骨
  5. 骨盤4方向の動き
  6. 猫背で体育座り
  7. 座り続けると痛くなる腰の「腰痛ストレッチ」
  8. 年末年始の食べ過ぎをなかったことにするダイエット方法
  9. 肩の力を抜き肩甲骨を引き寄せる
  10. 姿勢と怒りのイラスト
  1. 上向きで寝る

    骨盤と姿勢

    世界一簡単と思う猫背の治し方
  2. 骨盤のタイプと美尻

    ダイエット

    骨盤後傾タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう
  3. 脚の長さをセルフケアで矯正する

    骨盤と姿勢

    脚の長さの違いは自分で 骨盤矯正できますが、そもそも気にしなくてOK
  4. 骨盤のタイプと美尻

    ダイエット

    脚が外旋タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう
  5. 骨盤矯正 足の角度の違い

    骨盤と姿勢

    骨盤の歪み。無視して良い歪みと無視出来ない歪みの違いとは? 
PAGE TOP