大腿筋膜張筋を学ぼう

大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯炎

大腿筋膜張筋は、

ウオーキングでフラフラせずにまっすぐ歩くための筋肉です。またランニングでヒザが痛くなることをランナーズ膝と言いますが、腸脛靭帯がよく関係しています。膝の外側をさすってみましょう。骨が飛び出しているのが分かります。ここがこすれあって傷みがでるのです。これは大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯が足をまっすぐに出るようにガイドのような役目をしているためにおこりやすいのです。

「目次」

  1. 大腿筋膜張筋はこんな筋肉
  2. まっすぐ歩くための筋肉
  3. 腸脛靭帯炎
  4. 骨盤力との関係

 骨盤力「いいね!」マーク

1大腿筋膜張筋はこんな筋肉

大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯

この筋肉は脚の外側について強い靭帯となってヒザ下までつながっています、この靭帯がガイドの役をして歩行時に脚がまっすぐ出るようにしています。歩き方を観察してヒザがぶれているときはこの筋肉を痛めている事が多いようです。

動き

股関節の外転 股関節の屈曲 股関節屈曲と同時に股関節を内旋させる  股関節屈曲と同時に股関節を内旋させるます。

起始

  • 上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)

停止

  • 腸脛靭帯をへて大腿骨外側上顆、脛骨外側顆、腓骨頭

 骨盤力「いいね!」マーク

2ウオーキングでフラフラせずにまっすぐ歩くための筋肉

腰の横、ちょうどパンツのポケットの辺りから太腿の真横を通って膝の横についている筋肉〜靭帯。これが歩いたりランニングのときにまっすぐ足がでるようにガイド板の役目をしています。

大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯炎

足をまっすぐに出して歩くのは実は大変だった!

そもそも歩くとは足を交互に動かし、重心を入れ替える動作です。脚(股関節から足先)は重たいです。個人差はありますが体重の18.5%はあります。体重が50kgの人では9,25kgです。そこに遠心力がかかります。

遠心力は質量(脚の重さ)x 半径(体軸からの距離)x 速度(歩く速度)の2乗。

なにやら難しそうですが、足をまっすぐに出して歩くのは実は大変だった! というのがイメージ出来ますね。そこでイラスト ↑ のように太腿の横にガイド板のようなものがあって足をまっすぐ前後に動くようにガイドしているのです。赤い板がガイド。これこそが大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯なのです。歩き方についてはこちらも参考にどうぞ。

試してみよう触れてみましょう

立ちます。▼

太腿の真横を手で強めに押し付けるように触れます。そのまま手を押し付けたまま左右に動かしてみましょう。真横の部分は硬い板のような物がある事が分かります。この板のような物が歩く時に足がまっすぐにフラフラとしないようなガイド板の役目をするのです。

 骨盤力「いいね!」マーク

3ガイド版に無理な力が加わると炎症>傷み。腸脛靭帯炎

ガイド板に沿って足が送り出されていれば問題はないですが、これが歩くたびに、ランニングするたびにガイド板に衝撃や引っかかり、摩擦などが生じていたらそこから傷みが発生しますよね。この傷みで有名なものが 腸脛靭帯炎です。

膝の外側をさすってみましょう。骨が飛び出しているのが分かります。ここがこすれあって傷みがでるのです。特徴としては休憩すると傷みは収まります。突起にぶつかって傷みがでているのだから当然ですね。そして厄介なことに慢性化しやすいです。なぜなら人は毎日歩くからです。

 骨盤力「いいね!」マーク

4骨盤力との関係

骨盤力は正しい姿勢の土台です。そして骨盤から脚にかけて伸びる大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯は猫背、O脚、ガニ股との関係がとても深いです。

もう一度大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯のイラストをみてみましょう。腰周辺で筋肉が分厚くあって、そこから細くなって膝へ伸びて行っています。傷みが出やすいのは膝の横の大腿骨の出っ張り付近。正しい(美しい)姿勢では骨盤が引き締まり、お尻も引き締まり、当然のように連動して大腿筋膜張筋も引き締まります。

ところが・・・ネコ背では骨盤周りはゆるんでしまいます。そうなると脚は歪み、ガニ股はO脚などになってしまいます。こうなると歩くときのガイド役の板には、歩くたびに、ランニングするたびにぶつかってしまいますね。

骨盤力の開発者、松乃わなり骨盤力「公式」ガイド監修
骨盤力スクール(東京,札幌,福岡)最高責任者 / 松乃わなり

歪み解決専門メソッド、骨盤力の実践勉強会(東京)

骨盤力の実践勉強会

関連記事

  1. ハムストリングス

    ハムストリングスを動画で学ぼう!

  2. 臀筋の筋繊維の方向

    大臀筋などお尻の筋肉を学ぼう

  3. 三角筋

    三角筋(さんかくきん)を動画で学ぼう

  1. 2019.10.31

    4コマガイド・体温を上げるセルフケア

  2. 女性

    2019.10.31

    体温を上げたいです。整体でも体温は上げられますか?

  3. モデル歩きのコツ

    2019.10.28

    4コマガイド・モデル歩きのコツ。あえて1つを選ぶならどれ…

  4. モデル歩き

    2019.10.28

    モデル歩きを学んだけど難しいです。コツがあれば教えてくだ…

  5. 4コマガイド・ハイヒールで階段を楽しく登る方法

    2019.10.26

    4コマガイド・ハイヒールで階段を楽しく登る方法

  6. ハイヒールで階段

    2019.10.26

    ハイヒールで階段を楽しく登るための骨盤力活用方法

  7. 4コマガイド二の腕を引き締める

    2019.10.25

    4コマガイド・二の腕を骨盤レベルで引き締める方法

  8. 脇を開く、締める

    2019.10.25

    二の腕の引き締め、タプタプに逆戻り > それ骨盤から引き…

  9. 4コマガイド 後ろ姿

    2019.10.24

    4コマガイド・鏡を使わず後ろ姿を一瞬で点検する方法

  10. 女性の後ろ姿

    2019.10.24

    後ろ姿は美の盲点。 鏡を使わず後ろ姿を一瞬で点検する方法…

  1. 下腹部の贅肉

    2019.01.31

    下腹部の贅肉はなぜつくの? なぜとれないの? 贅肉の落と…

  2. 身体の歪み

    2019.04.05

    身体の歪みは、あなたが頑張った証です。体が歪むほどに頑張…

  3. ハイヒール

    2019.08.15

    ハイヒールは腰に悪いのですか? いいえ誤解です。健康サン…

  4. 生きてください

    2019.01.20

    始業式を迎える子どもたちへ。生きて。逃げてもOK!

  5. 4コマガイド二の腕を引き締める

    2019.10.25

    4コマガイド・二の腕を骨盤レベルで引き締める方法

  6. 姿勢と怒りのイラスト

    2019.04.22

    姿勢で分かる。パワハラの上手なかわし方!

  7. 姿勢と骨盤の前傾後傾

    2019.01.21

    骨盤が緩むとはどんな状態ですか? どんな影響がでますか?…

  8. バランスボール

    2019.01.21

    バランスボールの効果とサイズの選び方、膨らませ方

  9. なんで姿勢を良くしないとダメなの?

    2019.04.11

    子どもから「なんで猫背はダメなの?」って聞かれたらなんて…

  10. 骨盤の側方傾斜と水平回旋、さらに骨盤の前傾も組み合わさってジャイロ運動

    2019.02.25

    眠っている筋肉を目覚めさせダイエット効率をアップさせよう…

  1. ジャングルマラソン、穴が開く

    2019.03.15

    姿勢、体、心はつながっていると思える4つの現象

  2. 立つ歩く座る、全身の統一感

    2019.02.23

    体幹が歪んでいると言われました。どうしたら良いでしょうか…

  3. 骨盤矯正 足の角度の違い

    2019.03.16

    骨盤の歪み。無視して良い歪みと無視出来ない歪みの違いとは…

  4. 姿勢と骨盤の前傾後傾

    2019.01.21

    骨盤が緩むとはどんな状態ですか? どんな影響がでますか?…

  5. 僧帽筋

    2019.01.21

    僧帽筋(そうぼうきん)を動画で学ぼう

  6. 美脚矯正のポイント

    2019.03.25

    O脚を美脚に矯正するポイントは骨盤重心と猫背です

  7. 親子

    2019.02.23

    ぎっくり腰を寄せ付けない、しなやかな体幹の作り方

  8. サダルで歩く、足音

    2019.01.21

    歩く時に足音が響く。骨盤にも悪影響で注意したほうが・・・…

  9. 肩甲骨の動きと姿勢

    2019.01.25

    シャープな肩を維持するために、肩甲骨7つの点検項目

  10. 猫背で喉元はたるみ

    2019.02.13

    鎖骨を制する者、見た目年齢を制する! 鎖骨ストレッチ。

骨盤力スクール (東京,北海道,福岡)

骨盤力スクール