大腿筋膜張筋を学ぼう

大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯炎

大腿筋膜張筋は、

ウオーキングでフラフラせずにまっすぐ歩くための筋肉です。またランニングでヒザが痛くなることをランナーズ膝と言いますが、腸脛靭帯がよく関係しています。膝の外側をさすってみましょう。骨が飛び出しているのが分かります。ここがこすれあって傷みがでるのです。これは大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯が足をまっすぐに出るようにガイドのような役目をしているためにおこりやすいのです。

「目次」

  1. 大腿筋膜張筋はこんな筋肉
  2. まっすぐ歩くための筋肉
  3. 腸脛靭帯炎
  4. 骨盤力との関係

 骨盤力「いいね!」マーク

1大腿筋膜張筋はこんな筋肉

大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯

この筋肉は脚の外側について強い靭帯となってヒザ下までつながっています、この靭帯がガイドの役をして歩行時に脚がまっすぐ出るようにしています。歩き方を観察してヒザがぶれているときはこの筋肉を痛めている事が多いようです。

動き

股関節の外転 股関節の屈曲 股関節屈曲と同時に股関節を内旋させる  股関節屈曲と同時に股関節を内旋させるます。

起始

  • 上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)

停止

  • 腸脛靭帯をへて大腿骨外側上顆、脛骨外側顆、腓骨頭

 骨盤力「いいね!」マーク

2ウオーキングでフラフラせずにまっすぐ歩くための筋肉

腰の横、ちょうどパンツのポケットの辺りから太腿の真横を通って膝の横についている筋肉〜靭帯。これが歩いたりランニングのときにまっすぐ足がでるようにガイド板の役目をしています。

大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯炎

足をまっすぐに出して歩くのは実は大変だった!

そもそも歩くとは足を交互に動かし、重心を入れ替える動作です。脚(股関節から足先)は重たいです。個人差はありますが体重の18.5%はあります。体重が50kgの人では9,25kgです。そこに遠心力がかかります。

遠心力は質量(脚の重さ)x 半径(体軸からの距離)x 速度(歩く速度)の2乗。

なにやら難しそうですが、足をまっすぐに出して歩くのは実は大変だった! というのがイメージ出来ますね。そこでイラスト ↑ のように太腿の横にガイド板のようなものがあって足をまっすぐ前後に動くようにガイドしているのです。赤い板がガイド。これこそが大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯なのです。歩き方についてはこちらも参考にどうぞ。

試してみよう触れてみましょう

立ちます。▼

太腿の真横を手で強めに押し付けるように触れます。そのまま手を押し付けたまま左右に動かしてみましょう。真横の部分は硬い板のような物がある事が分かります。この板のような物が歩く時に足がまっすぐにフラフラとしないようなガイド板の役目をするのです。

 骨盤力「いいね!」マーク

3ガイド版に無理な力が加わると炎症>傷み。腸脛靭帯炎

ガイド板に沿って足が送り出されていれば問題はないですが、これが歩くたびに、ランニングするたびにガイド板に衝撃や引っかかり、摩擦などが生じていたらそこから傷みが発生しますよね。この傷みで有名なものが 腸脛靭帯炎です。

膝の外側をさすってみましょう。骨が飛び出しているのが分かります。ここがこすれあって傷みがでるのです。特徴としては休憩すると傷みは収まります。突起にぶつかって傷みがでているのだから当然ですね。そして厄介なことに慢性化しやすいです。なぜなら人は毎日歩くからです。

 骨盤力「いいね!」マーク

4骨盤力との関係

骨盤力は正しい姿勢の土台です。そして骨盤から脚にかけて伸びる大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯は猫背、O脚、ガニ股との関係がとても深いです。

もう一度大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯のイラストをみてみましょう。腰周辺で筋肉が分厚くあって、そこから細くなって膝へ伸びて行っています。傷みが出やすいのは膝の横の大腿骨の出っ張り付近。正しい(美しい)姿勢では骨盤が引き締まり、お尻も引き締まり、当然のように連動して大腿筋膜張筋も引き締まります。

ところが・・・ネコ背では骨盤周りはゆるんでしまいます。そうなると脚は歪み、ガニ股はO脚などになってしまいます。こうなると歩くときのガイド役の板には、歩くたびに、ランニングするたびにぶつかってしまいますね。

骨盤力の開発者、松乃わなり骨盤力「公式」ガイド監修
骨盤力スクール(東京,札幌,福岡)最高責任者 / 松乃わなり

1

関連記事

  1. 腸腰筋

    腸腰筋を動画で学ぼう

  2. 背骨、脊柱

    脊柱と骨盤の連携運動は実に見事な動きです

  3. 膝関節(車軸蝶番関節)

    関節の可動域。骨盤力矯正で必須な関節の動きをイラストでご紹介…

  1. ハイヒールを健康サンダルに

    2019.10.21

    4コマガイド・ハイヒールを健康サンダルにする方法

  2. ふくらはぎ、外側に張り出すような歪みを矯正

    2019.10.21

    ふくらはぎ、外側に張り出すような歪みを矯正するポイント

  3. 4コマ歪み解決ガイド(ふくらはぎ)

    2019.10.20

    4コマガイド・ふくらはぎの歪みの治し方

  4. 4コマ美尻ガイド後傾

    2019.10.18

    4コマガイド・美尻の作り方(骨盤後傾)

  5. 4コマ美尻ガイド前傾

    2019.10.17

    4コマガイド・美尻の作り方(骨盤前傾)

  6. 骨盤のタイプと美尻

    2019.10.17

    骨盤前傾タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を…

  7. 骨盤の側方傾斜と水平回旋

    2019.10.15

    骨盤で歩くための骨盤力メンテナンス厳選7つ

  8. ダイエットの効率を骨盤力で

    2019.10.03

    ダイエットの効率を骨盤力で引き上げる方法を教えてください…

  9. 体幹

    2019.09.28

    体幹とは(前編)骨盤、姿勢、動かし方まで徹底解説

  10. 親子

    2019.09.27

    体幹とは(後編)骨盤、姿勢、動かし方まで徹底解説

  1. 猫背で喉元はたるみ

    2019.02.13

    鎖骨を制する者、見た目年齢を制する! 鎖骨ストレッチ。

  2. 4コマ美尻ガイド後傾

    2019.10.18

    4コマガイド・美尻の作り方(骨盤後傾)

  3. ハイヒールを健康サンダルに

    2019.10.21

    4コマガイド・ハイヒールを健康サンダルにする方法

  4. 骨盤4方向の動き

    2019.02.25

    骨盤の動きが悪いと言われました。どうしたら良いでしょうか…

  5. 階段

    2019.01.21

    階段を使うと体、心、姿勢にはどんな影響があるのでしょうか…

  6. アナトミカルポジション

    2019.01.25

    アナトミカルポジションを意識した姿勢矯正のポイント

  7. 女性

    2019.09.27

    バスト〜デコルテのラインを骨盤力で仕上げる方法

  8. なんで姿勢を良くしないとダメなの?

    2019.04.11

    子どもから「なんで猫背はダメなの?」って聞かれたらなんて…

  9. 姿勢と骨盤の前傾後傾

    2019.01.21

    骨盤が緩むとはどんな状態ですか? どんな影響がでますか?…

  10. ウエストのくびれ

    2019.08.14

    ウエストのくびれを矯正する方法を教えてください

  1. 肩の力を抜き肩甲骨を引き寄せる

    2019.09.22

     肩甲骨を正しい位置に矯正。それ骨盤から整えていきましょ…

  2. ダイエット腕立て伏せ(プランク)

    2019.02.13

    腕立て伏せを目的別にイラストで詳しく解説

  3. 美尻のポイント

    2019.05.13

    脚が内旋タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を…

  4. ダイエットの効率を骨盤力で

    2019.10.03

    ダイエットの効率を骨盤力で引き上げる方法を教えてください…

  5. 階段

    2019.01.21

    階段が苦手です。「階段を使ってみよう!」と思えるコツはあ…

  6. 膝

    2019.02.22

    膝に負担をかけない骨盤矯正はありますか?

  7. 上向きで寝る

    2019.01.23

    世界一簡単と思う猫背の治し方

  8. 歩き方「外ターン」

    2019.05.05

    美しく歩きターンする。内ターンと外ターンの2つを図解で解…

  9. 体幹

    2019.09.28

    体幹とは(前編)骨盤、姿勢、動かし方まで徹底解説

  10. 骨盤力

    2019.02.04

    骨盤と骨盤力

骨盤力スクール (東京,北海道,福岡)

骨盤力スクール