前傾姿勢と肩こりの関係

仙骨を立てて座る

前傾姿勢は、

身構える姿勢で重心が腰高になって骨盤が開き肩を緊張させます。これが肩こりの原因かもです。

「目次」

  1. 前傾姿勢と肩こりの関係
  2. 前傾姿勢で肩こり、こんな時は注意
  3. 肩こりと前傾姿勢の関係。まとめ

 骨盤力「いいね!」マーク

1前傾姿勢と肩こりの関係

前傾姿勢は肩甲骨は上、または外側に移動します。

これが猫背を作ります。

肩甲骨

前傾姿勢は関節の可動域は狭くなり血行不足を招きます。

猫背で肩甲骨が外側に開き、バランスをとるために頭が前に出ます。前かがみになって腕をバンザイしてみると分かりますが腕を上げにくいものです。肩の動きが悪くなるとは肩に老廃物を溜め込む原因になります。

肩甲骨の動き方です。

肩甲骨の動き

肩こり3段階説。

前傾姿勢で肩甲骨の位置が変わり動きの範囲が狭くなって徐々に肩こりになっていきます。それは3段階に分けられるようです。

  • レベル1  肩がこった。
  • レベル2 麻痺して肩こりを感じなくなります。隠れ肩こりです。
  • レベル3 肩こりを再び感じ始めます。偏頭痛が出たり、吐き気が出たりします。実際に吐くこともあります。また呼吸が苦しくなることもあります。

 骨盤力「いいね!」マーク

2前傾姿勢で肩こり、こんな時は注意

スケート場に行くと肩こりと前傾姿勢の関係がよく分かります。

スケート初心者は滑って転びそうで怖く何かにつかまりたくなります。これが前傾姿勢です。すると重心は腰高になってしまい、緊張から肩にも力が入ってしまい肩がこり始めます。

スケートと猫背

スケート場で初心者が前傾姿勢になるのは足元が滑って転びそうで怖いことが根本原因です。このスケートの例のように前傾姿勢になる根本原因はたくさんありますが代表的な3つを・・・

(1) 前傾姿勢で肩こりの原因 > 骨盤力の低下で猫背座り。

骨盤力が低下すると重心が上がるので骨盤は開いてしまいます。すると下丹田が緩んでしまい仙骨を立てて座り難くなるので前傾姿勢になります。

仙骨を立てて座る、猫背で座る

(2) 前傾姿勢で肩こりの原因 > 作業位ができていない。

作業位とは肩の力が抜ける唯一のポジションです。これができていないと姿勢が崩れ肩に力が入るので前傾姿勢になります。

作業位

(3) 前傾姿勢で肩こりの原因 > 体幹の動かし方が間違っている。

体幹の正しい動かし方の原則はいくつかありますが、たとえば腕の動かし方が間違っているとこれも前傾姿勢になります。体幹の正しい動かし方は腰が動いて腕は後からついてくるものですが、腕が先に出ていると肩に力が入りこれが続くと肩こりの原因になります。

体幹の正しい動き方

 骨盤力「いいね!」マーク

肩こりと前傾姿勢の関係。まとめ

前傾姿勢は骨盤が開きやすくなります。前傾姿勢でも骨盤が開かないようにするには例えばレスリングの構えのように内転筋群を緊張させて身構えるようにします。これはこれでカッコよく強そうな印象です。

しかし単に猫背の前傾姿勢(骨盤力が低下して骨盤が開いて前傾姿勢)は問題だらけです。肩甲骨は背骨に寄ってこそ本来の機能を発揮してくれ、骨格が動けば筋肉が動き筋ポンプ作用で血の巡りも活発になります。しかし前傾姿勢では肩甲骨の動ける範囲も3割も減り血の回りにも悪影響を与えます。だから肩がこる。

下の写真をご覧ください。なんとなく後ろに寄りかかっているようなイメージです。肩こりが辛い方は後ろに寄りかかるようなイメージで立つことを習慣化すると良いです。(あくまでもイメージであって本当に後ろに寄りかかるのではありません)

後ろに寄りかかるイメージで立つ(前傾姿勢ではない)ことで肩の力も抜けやすくなり肩の重さで肩甲骨が背骨側に寄り正しく動けるようになります。地味ですが肩こり対策におすすめの方法です。

骨盤力の開発者、松乃わなり骨盤力「公式」ガイド監修
骨盤力スクール(東京,札幌,福岡)最高責任者 / 松乃わなり

1

関連記事

  1. ハムストリングス

    ハムストリング筋肉離れ、走るのが好きな方は要注意

  2. 骨盤力ストレッチ

    腰の痛み方は人それぞれ、痛み方で使い分ける「骨盤力ストレッチ…

  3. トレンデレンブルグ徴候、デュシェンヌ徴候

    トレンデレンブルグ徴候,デュシェンヌ徴候は歩くときお尻が下が…

  1. ハイヒールを健康サンダルに

    2019.10.21

    4コマガイド・ハイヒールを健康サンダルにする方法

  2. ふくらはぎ、外側に張り出すような歪みを矯正

    2019.10.21

    ふくらはぎ、外側に張り出すような歪みを矯正するポイント

  3. 4コマ歪み解決ガイド(ふくらはぎ)

    2019.10.20

    4コマガイド・ふくらはぎの歪みの治し方

  4. 4コマ美尻ガイド後傾

    2019.10.18

    4コマガイド・美尻の作り方(骨盤後傾)

  5. 4コマ美尻ガイド前傾

    2019.10.17

    4コマガイド・美尻の作り方(骨盤前傾)

  6. 骨盤のタイプと美尻

    2019.10.17

    骨盤前傾タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を…

  7. 骨盤の側方傾斜と水平回旋

    2019.10.15

    骨盤で歩くための骨盤力メンテナンス厳選7つ

  8. ダイエットの効率を骨盤力で

    2019.10.03

    ダイエットの効率を骨盤力で引き上げる方法を教えてください…

  9. 体幹

    2019.09.28

    体幹とは(前編)骨盤、姿勢、動かし方まで徹底解説

  10. 親子

    2019.09.27

    体幹とは(後編)骨盤、姿勢、動かし方まで徹底解説

  1. 4コマ美尻ガイド前傾

    2019.10.17

    4コマガイド・美尻の作り方(骨盤前傾)

  2. 美脚矯正のポイント

    2019.03.25

    O脚を美脚に矯正するポイントは骨盤重心と猫背です

  3. 階段

    2019.01.21

    階段を使うと体、心、姿勢にはどんな影響があるのでしょうか…

  4. 下腹部の贅肉

    2019.01.31

    下腹部の贅肉はなぜつくの? なぜとれないの? 贅肉の落と…

  5. 骨盤4方向の動き

    2019.02.25

    骨盤の動きが悪いと言われました。どうしたら良いでしょうか…

  6. 骨盤力ストレッチ

    2019.02.16

    腰の痛み方は人それぞれ、痛み方で使い分ける「骨盤力ストレ…

  7. ハイヒールで階段

    2019.01.31

    ハイヒールで階段を楽しく登るための骨盤力活用方法

  8. 集中力

    2019.04.09

    学級崩壊!集中できない子どもと姿勢、猫背の関係とは?

  9. 肩甲骨はがしのセルフケア

    2019.01.31

    肩甲骨はがしのセルフケア1分動画

  10. バランスボール

    2019.01.21

    バランスボールの効果とサイズの選び方、膨らませ方

  1. 花粉症の体験談

    2019.01.23

    花粉症との戦い14年間の体験談。僕はこうやって花粉症を完…

  2. 親子

    2019.09.27

    体幹とは(後編)骨盤、姿勢、動かし方まで徹底解説

  3. O脚と姿勢

    2019.04.17

    O脚,X脚など、脚の歪みと骨盤と姿勢の関係

  4. ダイエット腕立て伏せ(プランク)

    2019.02.13

    腕立て伏せを目的別にイラストで詳しく解説

  5. 膝とクレーンの構造

    2019.01.27

    膝関節が力を出す仕組みは、工事現場のクレーンと同じ仕組み…

  6. 仙骨を立てて座る

    2019.01.21

    前傾姿勢と肩こりの関係

  7. O脚矯正を行っても、すぐに元に戻ってしまう7つの原因

    2019.08.13

    O脚矯正を行っても、すぐに元に戻ってしまう7つの原因

  8. 腸腰筋

    2019.01.21

    腸腰筋を動画で学ぼう

  9. 膝

    2019.02.22

    膝に負担をかけない骨盤矯正はありますか?

  10. しなやかな体軸と歩き方

    2019.09.26

    しなやかな体軸を動き方まで矯正し、見た目年齢を若くする方…

骨盤力スクール (東京,北海道,福岡)

骨盤力スクール