骨盤の動きが悪いと言われました。どうしたら良いでしょうか?

骨盤4方向の動き

骨盤で歩く練習をしましょう。

さらに股関節と肩甲骨も全方向に積極的に動かします。ポイントは姿勢(アナトミカルポジション)〜肩甲骨が動く6方向を意識〜股関節が動く6方向を意識〜骨盤が動く4方向をそれぞれ意識する事です。

「目次」

  1. 骨盤の動きのチェック方法は・・・
  2. 骨盤の動きを良くするために、、、
  3. 骨盤の動きのために肩甲骨を動かそう
  4. いよいよ骨盤を動かします
  5. 骨盤を動かす事は総合力です
  6. 骨盤で歩いてみる
  7. 骨盤の動き。まとめ

 骨盤力「いいね!」マーク

1骨盤の動きのチェック方法

ヒザを伸ばして(曲げないで)歩いてみると分かります。

  • 頭が左右に揺れていませんか?
  • 肩が上下に揺れていませんか?
  • 肩に力を入れないと骨盤が動かない。
  • 膝を曲げないと骨盤が動かない。
  • 足を外側に振らないと骨盤が動かない。

これらに該当する方や、やりにくかった方は姿勢や体幹の動き、骨盤力などに問題があるのかも知れません。

骨盤だけで歩く

 骨盤力「いいね!」マーク

2骨盤の動きを良くするために

2-1 アナトミカルポジションを理解しよう。

アナトミカルポジションとは解剖学的正位と言って、人間の自然の姿です。筋肉や骨格の解剖図もこの姿で描きます。それが一番自然体だからです。ヨガでは屍のポーズとも言います。

姿勢は人間の器そのものなので姿勢が悪かったら骨盤もなにも全てに影響を与えます。先ずは正しい姿勢。アナトミカルポジションです。

肩幅に立ち骨盤は閉じます。前腕を回外し手のひらを前に向けた状態です。(肩関節の内旋で手のひらを前に向けてはいけません)肘から下、前腕が体幹から離れる方向に跳ね上がります。

アナトミカルポジション

2-2 骨盤力の応用 > アナトミカルポジションで立てない場合。

骨盤力が低下していることで正しい姿勢の土台が安定していないことが考えられます。肩に力が入っていないか? 頭が前に突き出ていないか? 骨盤は緩んでいないか? 骨盤の角度は正しいか? 膝は伸びているかをチェックしましょう。

骨盤力と植物 骨盤力「いいね!」マーク

3骨盤ために肩甲骨を動かそう

3-1 骨盤が動かないときは、肩甲骨も動かなくなっているからです。

肩甲骨の動く6方向を意識して動かします。動かす時の基本はゆっくり。骨盤を閉じてアナトミカルポジションで立ち肩の力を抜き肩甲骨の動く方向に3秒〜かけてゆっくりと能動的関節可動域のギリギリまで動かします。息は腹の底から吐き出します。猫背にならないように注意です。

肩甲骨6方向の動き方

3-2 肩甲骨と骨盤の関係も知っておくと骨盤のためにも良いかと。

(1) 機能美の要、肩甲骨。

肩甲骨は腕を動かす補助の役目があります。重いものを持つ時とピアノを弾くようなリズミカルな動き。この全く違う動きを肩甲骨が固定筋や共同筋といった働きを使いながら補助してくれているのです。機能美のためには肩甲骨のスムーズな動きは必須です。

*固定筋(踏ん張る働き)> 重たい荷物を持つときなど肩甲骨がぐっと踏ん張ってくれています。クレーン車の車体の四隅から踏ん張り足と同じ働きです。

クレーン車と肩甲骨

*共同筋(力を逃がす働き)> 釣竿がしなって釣り糸に負担をかけないような働き。肩甲骨もこれと同じような働きをします。

釣竿と肩甲骨

(2) 骨盤力の影響を受けやすい肩甲骨。

骨盤力が低下すると足腰に力が入らなくなります。ときには小指一本で勝ってしまうほど足腰の力は低下します。そして骨盤は緩んでしまい正しい姿勢の土台が不安定になります。

土台が不安定になると人間は怖がるものです。そのために前傾姿勢になって肩に力が入ります。この瞬間に肩甲骨の動きは30%も可動範囲が狭くなります。機能美には程遠くなります。

 骨盤力「いいね!」マーク

4骨盤を動かします

4-1 人体最大の可動域骨盤にある股関節を全方向フルに動かそう。

股関節が動く6方向を意識して動かします。動かす時の基本はゆっくり。骨盤を閉じてアナトミカルポジションで立ち、股関節が動く方向に3秒〜かけてゆっくりと能動的関節可動域のギリギリまで動かします。息は腹の底から吐き出します。

4-2 骨盤力の応用 > 股関節を動かすときに膝を目一杯伸ばすようにします。

姿勢が悪く骨盤が動いていない方は、骨盤力は低下し膝を伸ばせなくなっています。思い切り膝を伸ばしましょう。膝がなかなか伸びきらない場合はハムストリングスのストレッチを事前に行います。

ハムストリングスのストレッチ

4-3 骨盤力の応用 > 腸脛靭帯もほぐしたら万全です!

大腿膜張筋から伸びている腸脛靭帯は歩くときに足が左右にブレないようにしてくます。腸脛靭帯が硬くなっていると骨盤も動きが悪くなってしまいます。太ももの外側をお風呂上がりなどほぐしておきましょう。

大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯炎

 骨盤力「いいね!」マーク

5骨盤を動かす事は総合力です

5-1 骨盤は姿勢の土台だからです。

骨盤の動きは4方向の動きがあります。

  1. 骨盤の前傾
  2. 骨盤の後傾
  3. 骨盤の側方傾斜
  4. 骨盤の水平回旋

歩くとは骨盤の側方傾斜と骨盤の水平回旋の複合の動きです。骨盤の側方傾斜と骨盤の水平回旋は左右両方動かしましょう。

骨盤4方向の動き

5-2 骨盤力の応用 > 歩くとは骨盤の側方傾斜と骨盤の水平回旋の複合の動き

骨盤力が安定しているから足腰にしっかりと力が入ります。すると足で地面を蹴って歩く形になりこれが骨盤の側方傾斜(上方向への動き)となります。

さらに足を前に運ぶことで骨盤の水平回旋の動きとなり、これらの動きが連続すると骨盤は回転運動をとるようになります。これが骨盤のジャイロ運動です。

ジャイロ運動とはコマが回っているときと同じです。回転しているコマは安定しています。あなたの骨盤も骨盤のジャイロ運動で安定していきます。

骨盤の側方傾斜と水平回旋

 骨盤力「いいね!」マーク

6骨盤で歩いてみる

どうでしょうか? 骨盤は動きやすくなったでしょうか。

骨盤だけで歩く

 骨盤力「いいね!」マーク

7骨盤の動き。まとめ

骨盤力を回復させ姿勢を良くする。その上で人体最大の可動域をもつ股関節と肩関節をアクティブに動かすことで骨盤単体での動きが回復します。正しい姿勢の土台、さらにアクティブに動く骨盤。まさに機能美の土台と言えるのかもです。

骨盤力の開発者、松乃わなり骨盤力「公式」ガイド監修
骨盤力スクール(東京,札幌,福岡)最高責任者 / 松乃わなり

歪み解決専門メソッド、骨盤力の実践勉強会(東京)

骨盤力の実践勉強会

関連記事

  1. 下腹部の贅肉

    下腹部の贅肉はなぜつくの? なぜとれないの? 贅肉の落とし方…

  2. 階段

    階段を使うと体、心、姿勢にはどんな影響があるのでしょうか

  3. 身体の歪み

    身体の歪みは、あなたが頑張った証です。体が歪むほどに頑張った…

歪み解決ガイド,メニュー

  1. 2019.10.31

    4コマガイド・体温を上げるセルフケア

  2. 女性

    2019.10.31

    体温を上げたいです。整体でも体温は上げられますか?

  3. モデル歩きのコツ

    2019.10.28

    4コマガイド・モデル歩きのコツ。あえて1つを選ぶならどれ…

  4. モデル歩き

    2019.10.28

    モデル歩きを学んだけど難しいです。コツがあれば教えてくだ…

  5. 4コマガイド・ハイヒールで階段を楽しく登る方法

    2019.10.26

    4コマガイド・ハイヒールで階段を楽しく登る方法

  6. しなやかな体軸と歩き方

    2019.09.26

    しなやかな体軸を動き方まで矯正し、見た目年齢を若くする方…

  7. 肩の力を抜き肩甲骨を引き寄せる

    2019.09.22

     肩甲骨を正しい位置に矯正。それ骨盤から整えていきましょ…

  8. 骨盤矯正

    2019.08.10

    そもそも骨盤矯正って骨盤の何をどう矯正しているの?

  9. 足つぼ

    2019.05.29

    体のメンテナンス。何からやれば良いか分からないときは?

  10. 歩き方「外ターン」

    2019.05.05

    美しく歩きターンする。内ターンと外ターンの2つを図解で解…

  1. バランスボール

    2019.01.21

    バランスボールの効果とサイズの選び方、膨らませ方

  2. モデル歩きのコツ

    2019.10.28

    4コマガイド・モデル歩きのコツ。あえて1つを選ぶならどれ…

  3. 階段

    2019.01.21

    階段が苦手です。「階段を使ってみよう!」と思えるコツはあ…

  4. 姿勢と骨盤の前傾後傾

    2019.01.21

    骨盤が緩むとはどんな状態ですか? どんな影響がでますか?…

  5. 猫背で喉元はたるみ

    2019.02.13

    鎖骨を制する者、見た目年齢を制する! 鎖骨ストレッチ。

  6. サダルで歩く、足音

    2019.01.21

    歩く時に足音が響く。骨盤にも悪影響で注意したほうが・・・…

  7. モデル歩き

    2019.10.28

    モデル歩きを学んだけど難しいです。コツがあれば教えてくだ…

  8. 猫背で体育座り

    2019.01.21

    姿勢が持つ魔法の力に頼ってみては

  9. 2019.10.31

    4コマガイド・体温を上げるセルフケア

  10. 猫背で座る

    2019.02.05

    いつもお顔下向きでスマホいじり、その害は口〜首筋〜喉元に…

  1. 肩の力を抜き肩甲骨を引き寄せる

    2019.09.22

     肩甲骨を正しい位置に矯正。それ骨盤から整えていきましょ…

  2. ハムストリングス

    2019.01.20

    ハムストリング筋肉離れ、走るのが好きな方は要注意

  3. 作業位

    2019.04.08

    姿勢が何をやっても治らない!それ肩の力を抜く作業位の問題…

  4. 僧帽筋

    2019.01.21

    僧帽筋(そうぼうきん)を動画で学ぼう

  5. 骨盤矯正

    2019.08.10

    そもそも骨盤矯正って骨盤の何をどう矯正しているの?

  6. ダイエット腕立て伏せ(プランク)

    2019.02.13

    腕立て伏せを目的別にイラストで詳しく解説

  7. 三角筋

    2019.01.21

    三角筋(さんかくきん)を動画で学ぼう

  8. 仙骨を立てて座る

    2019.01.21

    前傾姿勢と肩こりの関係

  9. 骨盤力とテコの原理

    2019.01.20

    骨盤力を動画で解説

  10. 脇を締める

    2019.01.31

    骨盤力ストレッチとストレッチはどう違うの? コツはありま…

骨盤力スクール (東京,北海道,福岡)

骨盤力スクール