美尻のポイント

機能美と体幹

脚が内旋タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう

脚が内旋のヒップは若い女性によく見られるヒップです。

股関節〜膝が内側に巻くような姿勢で立っています。骨盤は開いています。さらにふくらはぎの外側の張り出しが大きくなって後ろから見るとバナナのようなふくらはぎに見えてしまいます。

骨盤力の開発者、松乃わなり骨盤力「公式」ガイド監修・執筆
骨盤力整体スクール,東京,札幌,福岡 / 松乃わなり

「目次」

◆ タイプ別、美尻の作り方はこちら>>>

  1. 骨盤のエクササイズがとても有効です
  2. 美尻のための6ステップセルフケア

骨盤力と姿勢「骨盤力公式ガイド」機能美「骨盤力公式ガイド」ダイエット「骨盤力公式ガイド」見た目年齢「骨盤力公式ガイド」痛み不調「骨盤力公式ガイド」骨格、筋肉「骨盤力公式ガイド」

 骨盤力「いいね!」マーク

骨盤のエクササイズがとても有効でヒップをキュッと締める意識を大切に。

股関節〜膝が内側に巻くような姿勢で、さらに骨盤は開いている事が多いからです。

下の写真左のように頭も肩も腰も、全体的に前(内側)に巻き込むような姿勢をしています。そのためにヒップも外側から後方にかけて広がって見えてしまいます。

猫背と正しい姿勢

全体的に内側に巻き込むような姿勢に対抗できるのは骨盤を引き締める以外にありません。骨盤は人体の中心であり重心でもあるからです。

下のイラストの赤いラインをイメージして立ってみましょう。骨盤の前側からお尻に向けて後方に巻き込むようにヒップを引き締めます。ちょうど下丹田が外側に広がるようなイメージです。するとお尻がキュッと引き締まり自然とおへそが上に持ち上がる感じがします。そのままおへそを上に持ち上げ、胸〜上体をやや後ろに反らします。

美尻のポイント

 骨盤力「いいね!」マーク

さらに美尻へ。脚が内旋タイプの5ステップセルフケア。

(1) 直角座りで腰を安定させます。

やってみるとわかりますが意外ときついものです。人によっては痛みも出るかも知れません。それほど背中〜腰〜脚の後ろ側が縮んでいるのです。

痛みが出る方は無理をせずに少しずつ体を慣らしていきましょう。またスクワットのようなエクササイズを事前に行ってから行うとやりやすいです。腰の角度は壁に合わせて直角です。膝をピンと伸ばし、足首も直角です。

直角座りストレッチ

(2) 肩甲骨を4方向に動かします。

下イラスト左から2番目、肩甲骨の上方回旋の動きはしっかりと呼吸を合わせながらゆっくりと動かしましょう。美尻なのに肩甲骨を動かす理由は、肩甲骨の動きが悪いとスムーズに骨盤が動かないからです。言い換えると肩甲骨の動きの悪さが骨盤を開かせてしまっているのです。

肩甲骨の動き方

(3)骨盤を4方向に動かします。

(1)で直角座りで背中〜腰〜脚までをストレッチし、(2)で肩甲骨をアクティブに動かしたら次はいよいよ骨盤を積極的に動かします。そのためにも歩きましょう。骨盤で。

ポイントは下のイラストの(1)〜(2)の動き(骨盤の側方傾斜)と(3)〜(4)の動き(骨盤の水平回旋)と動きです。多くの場合は(1)〜(2)の動き、または(3)〜(4)の動きのどちらかが出来ていない事です。これはショーウインドウに映る歩いている姿を観察すると分かります。そして動いてない骨盤の動きを意識して動かすように歩きます。これだけでかなり骨盤は引き締まるはずです。

骨盤の側方傾斜と水平回旋

肩甲骨が動いて骨盤が動き正しく歩く。見本の動画です。

歩いている時の腕の振り方や腰の動きに大きな違いがある事が分かります。歩くときに肩甲骨や腕、腰が動く。そこには加速度運動が発生しそれ自体が美尻の優れたエクササイズなのです。

(4)ふくらはぎを美しくしましょう。

脚が内旋タイプは股関節〜膝が内側に巻くような姿勢、さらに骨盤は開いています。するとふくらはぎは外側の張り出しが大きくなります。そのためにふくらはぎを後ろから見るとバナナのような形に見えてしまいます。

ふくらはぎの形を整えるには足首を積極的に動かすようにします。下のイラストの真ん中の動きは特に重要です。

膝関節(車軸蝶番関節)

下の写真は美尻とふくらはぎの矯正の事例です。

骨盤力ビフォーアフター

(5) ここまで来たらイラストを参考にポージングを行います。

赤いラインをイメージして立ちましょう。膝を伸ばしお尻をキュッと閉じ下丹田が外側に広がるようなイメージです。連動しておへそが上に持ち上がります。

肩甲骨が重力を借りて内側へ自然と引き寄せられ背筋が伸びます。肩甲骨を積極的に4方向に動かしたのはこのためです。さらにこのポージングはウエストのくびれを増強させる効果もあります。下の写真は美尻+ウエストのくびれの事例です。

骨盤力ビフォーアフター

美尻のポイント

(6) 身体を捻ると腰が痛くなる場合。

脚が内旋タイプの方は身体を捻ると腰が痛くなる傾向があるようです。身体を捻る動きのほとんどが股関節と肩甲骨の動きだからです。こちらの骨盤力ガイドを参考に腰をセルフケアしておきましょう。下のイラストをクリック>>>

ねじると痛くなる腰の「腰痛ストレッチ」

脚が内旋タイプの美尻ポイント。まとめ。

身体全体が前(内側)に巻き込むような姿勢が特徴です。この姿勢は歩き方に問題がでる傾向があるために肩甲骨から骨盤〜脚までを整える必要があるのです。全身なのでちょっと大変ですが美尻だけでなく、ウエストのくびれ、ふくらはぎも美しいカーブを描いてくれるというメリットもあります。これは嬉しいですね。

歪み解決メルマガ

いろいろと書いてあるけど、結局は何からやればいいの?

そんな声を受けて順番に学べるように工夫しました。

お名前

メールアドレス



登録解除も簡単。安心して学んでください。読者の感想はこちらです>>>

[/su_note]

ピックアップ記事

  1. 骨盤後傾タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう
  2. 姿勢で分かる。パワハラの上手なかわし方!
  3. O脚タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう
  4. 姿勢を正しく美しくするポイントを頭から骨盤〜つま先まで解説
  5. O脚を美脚に矯正するポイントは骨盤の重心と猫背です

関連記事

  1. 骨盤のタイプと美尻

    機能美と体幹

    脚が外旋タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう

    骨盤と脚をつなぐ股関節が外側に広がってヒップの幅が広がった感じのお…

  2. 姿勢と骨盤の前傾後傾

    機能美と体幹

    骨盤が緩むとはどんな状態ですか? どんな影響がでますか?

    骨盤が緩むとは、骨盤底筋(お尻の周りにあって内臓を下支えする深…

  3. バランスボール

    機能美と体幹

    バランスボールの効果とサイズの選び方、膨らませ方

    バランスボールは身長でサイズが決まっています。また膨らませ方も…

  4. 骨盤のタイプと美尻

    機能美と体幹

    骨盤後傾タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう

    骨盤が後傾してヒップが下がった感じのお尻のタイプです。壁に沿っ…

  5. ハイヒール

    機能美と体幹

    ハイヒールは腰に悪いのですか? いいえ誤解です。健康サンダルになる可能性あります。

    ハイヒールを悪者にしているのは・・・正しい立ち方と姿勢、足や股…

  6. 膝

    機能美と体幹

    膝に負担をかけない骨盤矯正はありますか?

    はいあります!骨盤が正しく動く事がポイントです。骨盤の前傾後傾…


お名前

メールアドレス



スクール

 骨盤力・整体スクール

人気のガイド

  1. ハムストリングスのストッレッチとジャングルマラソン
  2. 広背筋
  3. 女性の後ろ姿
  4. 階段
  5. 女性
  6. 僧帽筋
  7. ストレッチ
  8. ハイヒールで階段
  9. 肩の力を抜き肩甲骨を引き寄せる
  10. 脇を開く、締める
  1. 女性

    機能美と体幹

    体温を上げたいです。整体でも体温は上げられますか?
  2. ハイヒール

    機能美と体幹

    ハイヒールは腰に悪いのですか? いいえ誤解です。健康サンダルになる可能性あります…
  3. 骨盤矯正 足の角度の違い

    骨盤と姿勢

    骨盤の歪み。無視して良い歪みと無視出来ない歪みの違いとは? 
  4. 膝

    機能美と体幹

    膝に負担をかけない骨盤矯正はありますか?
  5. 正しい姿勢とは

    骨盤と姿勢

    骨盤力矯正でバイアスをかけて立つ「疲れにくい」と「美」の両立へ
PAGE TOP