そもそも骨盤矯正って骨盤の何をどう矯正しているの?

骨盤矯正

骨盤矯正とは効率的に動ける体作り。

私たちの体はテコの原理で動いています。ところがそれは効率の悪いテコなのです。そのために何かのきっかけで動きの効率が悪くなります。これを効率的に動けるようにするのが骨盤矯正(骨盤力矯正)です。

「目次」

  1. 骨盤矯正、あえて嫌な質問
  2. 骨盤矯正って何を矯正しているの?
  3. 骨盤矯正とテコの原理
  4. 骨盤矯正で足腰に力が回復する秘密
  5. そもそも骨盤矯正とは?まとめ

 骨盤力「いいね!」マーク

1骨盤矯正、あえて嫌な質問

1-1 嫌な質問 > バランスを合わせています。何のバランス?

形、大きさ、硬さ、長さ、動き・・・何かしらの基準ラインみたいなものがあってそれに合わせるのがバランスを合わせる事。「何のバランスですか?」という質問はけっこうグサッとくる質問かもです。

1-2 嫌な質問 >脚の長さを揃えています。長い方に合わせる理由は?

長い方に揃えた方がいいの。それとも短い方。それとも両方? その理由はなんでしょうか?

1-3 嫌な質問 >足の開き具合を揃えています。何か良いことあるの?

たとえば上向きに寝て足が外側に傾く。この傾きの角度が左右同じになりました。これで何か良いことはあるの。意味ある事でしょうか?

骨盤矯正、足の角度の違い

1-4 嫌な質問 >カラダの歪みを整え左右対称にする。意味のあるの?

あなたの体は左右対称では決してありません。右利き、左利きがあるように、あなたのお体にある「歪み」はあなた自身です。

あなたはこれまでの人生を一生懸命に生きて来られた。趣味や仕事特有のカラダの使い方もあるでしょう。そうやって一生懸命に生きて来られて、僅かな左右の長さや角度の違いに一喜一憂する必要はあるのでしょうか?

たとえばこちらの写真をご覧ください。右端が矯正後ですが、左右の違いなど細かいところを見るとツッコミどころはたくさんありますが・・・どうでも良くないですか。大切なことは全身で一つ、統一感だと思います。

骨盤力ビフォーアフター

 骨盤力「いいね!」マーク

2そもそも骨盤矯正って何を矯正しているの?

バランスを合わせるってよく聞くけど、何のバランスでしょうか?  骨盤の何を矯正しているの?

2-1 足腰に力を回復させることが骨盤矯正です

足腰に力を回復させる。これが私たちが提唱する骨盤矯正の基準です。20年間治療系の整体を行ってきて、いろいろとトラブルを抱えている人は(肉体だけでなくメンタルも含む)ほぼ例外なく足腰に力が入ってないからです。

2-2 動画は産後のママさんの骨盤力をチェックシーンです。

足腰にまったく力が入っていません。続きは動画をご覧ください(59秒)

 骨盤力「いいね!」マーク

3骨盤矯正とテコの原理

3-1 私たちの体はテコの原理で動います。

テコの原理は、小さな力で大きな物を動かすやつです。支点、力点、作用点でした。そして私たちの体はテコの原理を利用して動いています。

テコの原理

3-2 テコは3種類あります。

「支点」「力点」「作用点」の並び順を変えて3種類あります。力点は力を加える部分(↓)、作用点は重たい物です。

テコの原理

第1種テコ

力点 > 支点 > 作用点の順。首の伸展(お顔を上に向ける動き)や肘を伸展するときに使われます。

第2種テコ

力点 > 作用点 > 支点の順。大きな力を発揮する時などの有利で、腕立て伏せを行う時の上腕三頭筋の肘関節や爪先立ちしたときの足関節に使われますが人体で使われる部分は少ないです。

第3種テコ

支点 > 力点 > 作用点の順。ダンベル運動のときの上腕二頭筋などの動きです。作用点が大きな可能域を速いスピードで動くことができます。そのため人体では最も多く使われています。

3-3 私たちの体のテコは効率が悪いのです。

力が加わる「力点」が支点の近くにあるのです。そのためテコの効率はとても低いのです。イラストは第三種テコ。

テコの原理

3-4 私たちの体のテコは効率が悪い。事例。

力こぶの筋肉。(上腕二頭筋)

イラストのように筋肉は肘のすぐ下に付いているのです。(橈骨粗面、上腕二頭筋腱膜を介して前腕筋膜に停止)

  • 肘が支点。
  • 拳が作用点(ダンベルを持っている事をイメージすると分かりやすいかも。)
  • 力こぶの筋肉(上腕二頭筋など)が力点。

テコの原理

テコの原理を使って大きな力を出すには、力点は支点から遠くにあったほうが有利です。しかし人間の身体は力点が支点の近くになりテコの効率は悪いのです。つまり、人間は「怪力」にはなれないのです。

 骨盤力「いいね!」マーク

4骨盤矯正で足腰に力が回復する秘密

私たちの体のテコはテコの効率が良くない。> 動画のようにテコの効率を良くしたら一瞬で足腰に力が回復した。

ちょっとまってください!

支点、力点、作用点の位置を修正する事など不可能でしょう。骨格や筋肉の位置は決まっているのですから。それなのになぜ力がはいるようになったのでしょうか?

4-1 アイススケートをイメージすると分かりやすいでしょう。

スケートシューズを履いて氷の上に立ち、重い物を押すシーンをイメージしてみてください。足元が氷で滑るので思ったように力が出せない事は想像できます。

筋力がいくら強くても、足元が滑ったりフラついていると力は出せない! しっかりと力を出せるためには足元がしっかりと定まっているからこそ、力を出せるようになります。

スケート

4-2 動画でご紹介した力比べのシーン。

骨盤が定まってない、安定してないから力が出せないのです。滑る氷の上で重い物を押そうとしても、力が発揮できないのと同じことなのです。

スケートシューズをスパイクシューズに履き替えて足元が滑らないようにすればツルツル滑る氷の上で重い物を押すことはできます。それと同じように土台である骨盤を安定させる事で、足腰に力を出せるようになるのです。

骨盤力とテコの原理

 骨盤力「いいね!」マーク

5そもそも骨盤矯正とは?まとめ

5-1 突き詰めていくと、カラダの使い方を正す事ではないでしょうか。

人間はテコの原理で動いている、しかしそのテコはとても効率が悪いテコ。そのためにカラダの使い方が違っていると本当に力は発揮できなくなります。

冒頭の動画で足腰に力が入ってないシーンをご紹介しましたが、骨盤力が低下している人は小指一本でも足腰に勝ててしまうほど力が入りません。さらには足までつってしまう。

5-2 少しでも効率よく力を出すにはどうすれば良いのでしょうか?

20年間この事について研究してきました。

  • 足の指が浮き指など
  • 足首の角度が間違っている。
  • ハムストリングスの筋縮でヒザの使い方が間違っている。
  • 骨盤前傾、または後傾。
  • ヒザの使われ方。
  • 股関節が縦揺れ、または横揺れ。
  • 肩甲骨が上方回旋している。
  • 鎖骨の下に痛みを抱えている。
  • 猫背。
  • 小指が伸びてない。
  • 脇を秘める、開く。
  • 下丹田を中心とした対角線の動き。
  • 舌や下顎付近の筋肉(オトガイ舌骨筋)の位置。

などです。これらの矯正ポイントをまとめて一つのスキルにしたのが骨盤力なのです。

骨盤力の開発者、松乃わなり骨盤力「公式」ガイド監修
骨盤力スクール(東京,札幌,福岡)最高責任者 / 松乃わなり

歪み解決専門メソッド、骨盤力の実践勉強会(東京)

骨盤力の実践勉強会

関連記事

  1. O脚矯正を行っても、すぐに元に戻ってしまう7つの原因

    O脚矯正を行っても、すぐに元に戻ってしまう7つの原因

  2. 上向きで寝る

    世界一簡単と思う猫背の治し方

  3. 猫背で喉元はたるみ

    鎖骨を制する者、見た目年齢を制する! 鎖骨ストレッチ。

  1. 2019.10.31

    4コマガイド・体温を上げるセルフケア

  2. 女性

    2019.10.31

    体温を上げたいです。整体でも体温は上げられますか?

  3. モデル歩きのコツ

    2019.10.28

    4コマガイド・モデル歩きのコツ。あえて1つを選ぶならどれ…

  4. モデル歩き

    2019.10.28

    モデル歩きを学んだけど難しいです。コツがあれば教えてくだ…

  5. 4コマガイド・ハイヒールで階段を楽しく登る方法

    2019.10.26

    4コマガイド・ハイヒールで階段を楽しく登る方法

  6. ハイヒールで階段

    2019.10.26

    ハイヒールで階段を楽しく登るための骨盤力活用方法

  7. 4コマガイド二の腕を引き締める

    2019.10.25

    4コマガイド・二の腕を骨盤レベルで引き締める方法

  8. 脇を開く、締める

    2019.10.25

    二の腕の引き締め、タプタプに逆戻り > それ骨盤から引き…

  9. 4コマガイド 後ろ姿

    2019.10.24

    4コマガイド・鏡を使わず後ろ姿を一瞬で点検する方法

  10. 女性の後ろ姿

    2019.10.24

    後ろ姿は美の盲点。 鏡を使わず後ろ姿を一瞬で点検する方法…

  1. なんで姿勢を良くしないとダメなの?

    2019.04.11

    子どもから「なんで猫背はダメなの?」って聞かれたらなんて…

  2. 姿勢と骨盤の前傾後傾

    2019.01.21

    骨盤が緩むとはどんな状態ですか? どんな影響がでますか?…

  3. 4コマガイド二の腕を引き締める

    2019.10.25

    4コマガイド・二の腕を骨盤レベルで引き締める方法

  4. 姿勢と怒りのイラスト

    2019.04.22

    姿勢で分かる。パワハラの上手なかわし方!

  5. 猫背で座る

    2019.02.05

    いつもお顔下向きでスマホいじり、その害は口〜首筋〜喉元に…

  6. 骨盤4方向の動き

    2019.02.25

    骨盤の動きが悪いと言われました。どうしたら良いでしょうか…

  7. 2019.10.31

    4コマガイド・体温を上げるセルフケア

  8. 骨盤の側方傾斜と水平回旋、さらに骨盤の前傾も組み合わさってジャイロ運動

    2019.02.25

    眠っている筋肉を目覚めさせダイエット効率をアップさせよう…

  9. 身体の歪み

    2019.04.05

    身体の歪みは、あなたが頑張った証です。体が歪むほどに頑張…

  10. 体幹と生物の進化

    2019.01.21

    体幹はこうやって生まれた!横隔膜の誕生〜腹式呼吸への1億…

  1. ダイエット腕立て伏せ(プランク)

    2019.02.13

    腕立て伏せを目的別にイラストで詳しく解説

  2. 肩甲骨の動きと姿勢

    2019.01.25

    シャープな肩を維持するために、肩甲骨7つの点検項目

  3. 正しい姿勢とは

    2019.02.03

    骨盤力矯正でバイアスをかけて立つ「疲れにくい」と「美」の…

  4. 歩き方「外ターン」

    2019.05.05

    美しく歩きターンする。内ターンと外ターンの2つを図解で解…

  5. 高齢者の整体で注意すべき点

    2019.01.21

    高齢で背骨が曲がり腰も痛い。整体で注意すべき事はなんでし…

  6. 骨盤のタイプと美尻

    2019.05.16

    O脚タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に…

  7. 姿勢と骨盤の前傾後傾

    2019.01.21

    骨盤が緩むとはどんな状態ですか? どんな影響がでますか?…

  8. 足つぼ

    2019.05.29

    体のメンテナンス。何からやれば良いか分からないときは?

  9. 肩の力を抜き肩甲骨を引き寄せる

    2019.09.22

     肩甲骨を正しい位置に矯正。それ骨盤から整えていきましょ…

  10. 脇を締める

    2019.01.31

    骨盤力ストレッチとストレッチはどう違うの? コツはありま…

骨盤力スクール (東京,北海道,福岡)

骨盤力スクール