モデル歩きを学んだけど難しいです。コツがあれば教えてください

モデル歩き

モデルウオークを学んだ!だけど・・・

いろいろと学ぶ事が多すぎて、結局は身につかないって事もあるようです。そこでたった一つだけ、これだけをやれば、モデル歩きにぐぐっと近づくストレッチとポイントをご紹介します。

「目次」

  1. モデル歩き、たった1つのコツ
  2. モデル歩き、静 > 動 > 静
  3. モデル歩き、7つの点検項目
  4. とりあえずこれだけ試してみて
  5. モデル歩きのコツ。まとめ

 骨盤力「いいね!」マーク

1モデル歩き、たった1つのコツ

親指を前に向けて立つ > (2) 万歳する、歩く。これだけ!

たったこれだけでモデル歩きにぐっと近づくことが出来ます。詳しく見てみましょう。

1-1 親指を前に向けて立つ

この姿勢はアナトミカルポジション(解剖学的立位)に近い立ち方です。アナトミカルポジションとは解剖学の筋肉や骨格がこのポジション(姿勢)で描かれるようにもっとも自然な立ち姿のことです。つまり自然体。

アナトミカルポジション

1-2 親指が前を向いたまま、大きく背伸び > 親指前向きを意識して歩く。

下イラスト。背筋が伸びて、胸も開いて気持ちがいいですよ。猫背の人は背中が丸くなり、胸も垂れるようにつぶれているので、たっぷりと伸ばしましょう。

歩くときは親指を前(進行方向)を意識して歩きます。たったのこれだけです。親指を前に向けることで肩が前に巻き込むことを防いでくれるので、それだけで猫背は解消され胸が張ります。

1-3 骨盤力の応用 > 下イラストつま先に注目。つま先を反らせています。

これは足背反射というものを呼び起こしてくれてこれで太ももの全面に力が入り骨盤力の強化にもつながります。骨盤力は正しい姿勢の土台です。土台がしっかりと安定していてこそ、モデル歩きもその他の動きも可能になります。その一つの方法がつま先を反らす事なのです。シューズを履いていてもこれは意識しましょう。

ウオーキング前のストレッチ

 骨盤力「いいね!」マーク

2モデル歩き、静〜動〜静

2-1 正しく美しく歩く事は、静〜動〜静に分解することが出来ます。

静。正しい姿勢で立って。〜動。正しく歩いて〜静。正しい姿勢で立ち止まり座る。

その一連の動きに無駄のないことこそが美しいのです。無駄のない動きだからこそ体にも優しくて機能美が活きてくるのです。

立つ歩く座る、全身の統一感

2-2 骨盤を使って正しく歩く。

骨盤の動きは骨盤縦揺れ(側方傾斜)と横揺れ(水平回旋)に分ける事ができます。骨盤の縦と横の揺れで骨盤が回転するような動きとなって前に美しく効果的に進む原動力となるのです。

骨盤の側方傾斜と水平回旋

 骨盤力「いいね!」マーク

3モデル歩き、7つの点検項目

3-1 上丹田の奥に意識。

モデル歩きも、お顔が険しかったら台無しですよね。> 眉間の奥に意識を持って行きます。視界が広がり柔らかいお顔になります。

顔、眉間にしわを寄せる

3-2 舌のショックアブソーバーの機能を使う。

これはとても重要です。舌〜顎関節〜喉は頭の重さを分散吸収させるショックアブソーバーの役目を持ちます。これが狂ってしまうとと頭が揺れ出します。

頭は重たいので揺れのエネルギーは無視できない存在です。その結果せっかくのモデル歩きがただの辛い歩き方になってしまいがちです。モデル歩きが長続きしない原因はここにあるかも知れません。

さらに舌を上顎につけないとお顔〜喉元の皮膚筋がたるむ原因になります。お顔〜喉元は見た目年齢に直結する部分。舌を上顎につけるのはとても大切です。お顔〜喉元の皮膚筋がたるむ。詳しくはこちらのリンクを

(1)(2)でお顔の表情と舌を上顎につける事をご紹介しましたが、これは頭の位置を安定させる事につながります。

頭は重たいです、女性でもスイカ一個分くらいの重さがあります。これを安定して支えるには体幹〜体軸の上にきちんと頭を載せる事です。そもそも人間の体は重たい頭が一番上に乗っています。これは建築的にはとても不利なものです。安定のためには上を軽く作るのが一番だからです。

しかし人間は重たい頭が一番上にある。だからこそ頭を体幹〜体軸の上にきちんと載せる習慣をつけなければならないのです。頭を体幹〜体軸の上にきちんと載せる習慣。これを別の言い方では「正しい姿勢」と言います。

頭は重たいのイメージ図です。

建物と頭、頭は軽く作る

モデル歩きのためにも重たい頭は体幹〜体軸の上に載せる習慣をつけよう。それが正しい姿勢です。

猫背で座る

頭を体軸の上に載せると見た目年齢にも直結します。詳しくは下のリンクを・・・

3-3 肩甲骨を重力で背骨側に引き寄せる。

専門的にはバイアスをかけて立つと言います。肩甲骨を背骨側に引き寄せるとても方法です。しかしこれは慣れるまでに少々時間がかかります。肩に力が入ってしまうからです。

肩に力が入る事を残余収縮という生理現象なのです。そのため改善には時間がかかり1ヶ月はかかると思います。専門家の指導が必要な部分です。

猫背の治し方の基本

3-4 重心は腰におこう。

重心が腰高になってしまうと骨盤力は低下しますから。そもそも骨盤力が緩む一番の原因は姿勢が崩れてしまい本来腰の位置にあるべき重心が腰高になってしまったからです。イラストは重心が腰高で骨盤が緩んだ例です。

重心が腰高で骨盤が開いている

3-5 膝がピンと伸びるようにする。

膝がピンと伸びることで骨盤は動きやすくなります。骨盤が動く歩き方とは縦方向と水平方向の動きで骨盤のジャイロ運動と言います。そのためには膝はピンと伸びるようにしておきます。イラストはハムストリングスのストレッチの例です。

ハムストリングスのストレッチ

3-6 足首の角度を最適な角度に。

これも極めて重要です。骨盤の締まり方や股関節の動きと直結しているからです。足首の角度は軽く外側で正確には膝関節のパテラと同軸上に足の親指が来るようにします。ただし外反母趾や膝の使い方が間違っている方は修正が必要です。

対角線のバランスストレッチ

3-7 足のグリップを回復させる

そのために足指と土踏まずが使えるようにします。

これもモデル歩きなど正しい歩き方には重要です。

  • 足の指はグリップ。
  • 土踏まず(足のアーチ)はクッション。
  • かかとと足指の付け根は体重を支える部分です。

これらが関係し合って足の反力を適正に腰〜頭に返します。足の反力とは自分の体重が地面にかかっているのと同じエネルギーが地面から返ってくる物理の法則です。この反力が正しい方向に返るには正しい姿勢しかありません。難しいことを書きましたが要は姿勢を「良くしましょう!」です。

なお、足と足首をほぐすさいに踝(くるぶし)は強い刺激を入れないようにします。足首の動き(底背屈)が制限かかってしまいます。これを解除するには少々スキルが必要なので触れないようにしましょう。

 骨盤力「いいね!」マーク

4とりあえずこれだけ試してみて

親指は前向きを意識して歩く。

写真の女性の右手をご覧ください。親指が前向きになっています。すると肩甲骨が背骨に寄り添い、膝がピンと伸びてヒップがキュッと上がっていきます。南青山のPRADAに負けない美しさですね。

骨盤で歩く

 骨盤力「いいね!」マーク

5モデル歩きのコツ。まとめ

あなたが普段から姿勢を意識していれば、サクッとマスター出来ます。

しかし猫背やあちこち歪んでいるなど場合は身体も言うこと聞かないかも知れないし、あちこち痛くなるかも知れないし・・・だからと言ってモデルウオークを諦める必要もないのです。

親指は前向きを意識して歩く。これを意識すればモデル歩きにぐっと近づくことが出来ます。もちろん本物のモデルさん、ハードコアなウオークングインストラクターの先生には、「そんな甘いもんじゃないわよ!」とお叱りを受けるかも知れません。

しかし最初は軽い気持ちで入って、それで少しでもハッピーな気持ちになればいいのです。それがきっかけとなって、「本格的に姿勢と歩き方を目指してみようかしら♪」ときっかけになれば良いのです。

骨盤力の開発者、松乃わなり骨盤力「公式」ガイド監修
骨盤力スクール(東京,札幌,福岡)最高責任者 / 松乃わなり

1

関連記事

  1. 猫背で喉元はたるみ

    鎖骨を制する者、見た目年齢を制する! 鎖骨ストレッチ。

  2. 骨盤矯正

    そもそも骨盤矯正って骨盤の何をどう矯正しているの?

  3. O脚と姿勢

    O脚,X脚など、脚の歪みと骨盤と姿勢の関係

  1. ハイヒールを健康サンダルに

    2019.10.21

    4コマガイド・ハイヒールを健康サンダルにする方法

  2. ふくらはぎ、外側に張り出すような歪みを矯正

    2019.10.21

    ふくらはぎ、外側に張り出すような歪みを矯正するポイント

  3. 4コマ歪み解決ガイド(ふくらはぎ)

    2019.10.20

    4コマガイド・ふくらはぎの歪みの治し方

  4. 4コマ美尻ガイド後傾

    2019.10.18

    4コマガイド・美尻の作り方(骨盤後傾)

  5. 4コマ美尻ガイド前傾

    2019.10.17

    4コマガイド・美尻の作り方(骨盤前傾)

  6. 骨盤のタイプと美尻

    2019.10.17

    骨盤前傾タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を…

  7. 骨盤の側方傾斜と水平回旋

    2019.10.15

    骨盤で歩くための骨盤力メンテナンス厳選7つ

  8. ダイエットの効率を骨盤力で

    2019.10.03

    ダイエットの効率を骨盤力で引き上げる方法を教えてください…

  9. 体幹

    2019.09.28

    体幹とは(前編)骨盤、姿勢、動かし方まで徹底解説

  10. 親子

    2019.09.27

    体幹とは(後編)骨盤、姿勢、動かし方まで徹底解説

  1. 脚の長さをセルフケアで矯正する

    2019.09.22

    脚の長さの違いをセルフ骨盤矯正する方法

  2. 身体の歪み

    2019.04.05

    身体の歪みは、あなたが頑張った証です。体が歪むほどに頑張…

  3. 顔、眉間にしわを寄せる

    2019.01.28

    お顔が歪む下向きの姿勢、5つ事例と対策。

  4. 上向きで寝る

    2019.01.23

    世界一簡単と思う猫背の治し方

  5. 階段

    2019.01.21

    階段が苦手です。「階段を使ってみよう!」と思えるコツはあ…

  6. 生きてください

    2019.01.20

    始業式を迎える子どもたちへ。生きて。逃げてもOK!

  7. 美尻を作る5つの骨盤のタイプ

    2019.09.25

    美尻の作り方。5つの骨盤タイプ別、美尻ガイド

  8. 集中力

    2019.04.09

    学級崩壊!集中できない子どもと姿勢、猫背の関係とは?

  9. 後ろに反らすと痛くなる腰の「腰痛ストレッチ」

    2019.09.22

    身体を後屈すると痛くなる腰の「骨盤力ストレッチ」

  10. アナトミカルポジション

    2019.01.25

    アナトミカルポジションを意識した姿勢矯正のポイント

  1. 下腹部の贅肉

    2019.01.31

    下腹部の贅肉はなぜつくの? なぜとれないの? 贅肉の落と…

  2. 高齢者の整体で注意すべき点

    2019.01.21

    高齢で背骨が曲がり腰も痛い。整体で注意すべき事はなんでし…

  3. ハムストリングスのストッレッチとジャングルマラソン

    2019.01.21

    腰が硬いから腰痛になると言われました。腰の柔軟性の目安な…

  4. 骨盤力

    2019.02.04

    骨盤と骨盤力

  5. 肩甲骨の外転

    2019.09.21

    肩甲骨の動き方は6方向をイラストで学ぼう

  6. 美尻のポイント

    2019.05.13

    脚が内旋タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を…

  7. 脇を締める

    2019.01.31

    骨盤力ストレッチとストレッチはどう違うの? コツはありま…

  8. 上向きで寝る

    2019.01.21

    姿勢と睡眠の関係。姿勢が悪いと寝ても疲れがとれにくい?

  9. 腸腰筋

    2019.01.21

    腸腰筋を動画で学ぼう

  10. 骨盤のタイプと美尻

    2019.05.16

    O脚タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に…

骨盤力スクール (東京,北海道,福岡)

骨盤力スクール