過去の記事一覧

  1. 後ろに反らすと痛くなる腰の「腰痛ストレッチ」

    痛み,不調

    身体を後屈すると痛くなる腰の「骨盤力ストレッチ」

    背伸びなど身体を後屈すると腰がギシギシと痛みが・・・身体(背骨)を後ろに反らすことで骨同士が接近し軋むような痛みが出ているのかも知れません。股関節をアク…

  2. 体育座り

    骨盤と姿勢

    正しい体育座りと猫背の体育座り、決定的に違う点は気持ち落ち込んだ時

    体育座り、骨盤力低下していると特徴は頭に出ます。背中が丸くなり頭が膝につきやすいのです。それは落ち込んだ時の姿勢と同じです。心と体はつながっていることは…

  3. 脇を締める

    骨盤と姿勢

    骨盤力ストレッチとストレッチはどう違うの? コツはありますか?

    骨盤力ストレッチとは、歪みを矯正し正しい姿勢に戻すことに特化した専門ストレッチです。そのために全ての動きは、骨盤が締まるように構成されています。「目…

  4. トレンデレンブルグ徴候、デュシェンヌ徴候

    骨盤と姿勢

    トレンデレンブルグ徴候,デュシェンヌ徴候は歩くときお尻が下がる現象

    お尻が下がり骨盤が傾斜する現象です。歩く時片足で体を支えているときに、重力に負けてお尻が下がり骨盤が傾斜する現象です。お尻まわりの股関節外転筋群で主に中…

  5. 足と足のグリップ

    骨格

    足と足首の動き方は知れば知るほど奥が深い世界

    足と足首の役目は、体重を支えることと重心位置の移動で前に進むことです。知れば知るほど奥が深い足と足首の動き方。要点をまとめてみました。「目次」…

  6. 肩甲骨の外転

    骨格

    肩甲骨の動き方は6方向をイラストで学ぼう

    肩甲骨の動きを実感するコツは鎖骨の下に指をあててから肩甲骨を各方向に動かしてみると実感しやすいです。肩甲骨は鎖骨の下部分(胸鎖関節)を中心に6方向に動く…

  7. 腹筋(腹直筋)

    骨格、筋肉

    腹筋(腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋)

    腹筋は骨盤力とも関係の深い筋肉です。骨盤力が低下すると骨盤が開いて骨盤は前傾しようとしますが腹筋が骨盤の前傾に対抗してくれます。骨盤が前傾し反り腰になる…

  8. 大腿四頭筋

    骨格、筋肉

    大腿四頭筋(だいたいしとうきん)を学ぼう

    大腿四頭筋は、大腿直筋、内側広筋、外側広筋、中間広筋の4つの筋肉で構成されますが、大腿直筋だけは股関節から膝関節をまたぎますが、他の3つの筋肉は股関節を…

  9. 広背筋

    骨格、筋肉

    広背筋(こうはいきん)を動画で学ぼう

    広背筋は肩関節を動かす人体最大の面積の筋肉で背中の逆三角形をつくります。脊柱と骨盤から上腕骨に伸びている鉄棒にぶら下がって懸垂を行うなどで働きます。体幹…

  10. 肩甲骨と肋骨

    骨格

    肩甲帯(肩甲骨と鎖骨)/ 骨盤力で歪み解決「公式ガイド」

    肩甲帯は肩甲骨と鎖骨の総称です。鎖骨と肩甲骨がセットになって動き、腕を動かす補助機能を行います。ときに力強く腕を動かし、ときにリズミカルに腕を動かすと、…


お名前

メールアドレス



骨盤力スクール(東京、北海道、福岡)

骨盤力スクール

人気のガイド

  1. 下を向く子ども
  2. 顔、眉間にしわを寄せる
  3. 骨盤4方向の動き
  4. ダイエット腕立て伏せ(プランク)
  5. 脚の長さをセルフケアで矯正する
  6. 姿勢と怒りのイラスト
  7. プラスチックの椅子と集中力
  8. 体幹の側屈、首の側屈
  9. 正しい姿勢とは
  10. 座り続けると痛くなる腰の「腰痛ストレッチ」
  1. 女性の後ろ姿

    見た目年齢

    後ろ姿は美の盲点。 鏡を使わず後ろ姿を一瞬で点検する方法
  2. 骨盤の側方傾斜と水平回旋、さらに骨盤の前傾も組み合わさってジャイロ運動

    ダイエット

    眠っている筋肉を目覚めさせダイエット効率をアップさせよう
  3. ハイヒール

    機能美と体幹

    ハイヒールは腰に悪いのですか? いいえ誤解です。健康サンダルになる可能性あります…
  4. なんで姿勢を良くしないとダメなの?

    骨盤と姿勢

    子どもから「なんで猫背はダメなの?」って聞かれたらなんて答えます?
  5. 後ろに反らすと痛くなる腰の「腰痛ストレッチ」

    痛み,不調

    身体を後屈すると痛くなる腰の「骨盤力ストレッチ」
PAGE TOP