骨盤のタイプと美尻

機能美と体幹

骨盤後傾タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう

骨盤が後傾してヒップが下がった感じのお尻のタイプです。

壁に沿って立ってみると腰と壁との隙間が狭いです。腰椎の前弯カーブが標準よりも少ない傾向があります。また腰痛になると前かがみになると腰が突っ張るような痛みが出やすいようです。

骨盤力の開発者、松乃わなり骨盤力「公式」ガイド監修・執筆
骨盤力整体スクール,東京,札幌,福岡 / 松乃わなり

「目次」

◆ タイプ別、美尻の作り方はこちら>>>

  1. 頭を動かさずに下丹田を上に
  2. 美尻のための5ステップセルフケア

骨盤力と姿勢「骨盤力公式ガイド」機能美「骨盤力公式ガイド」ダイエット「骨盤力公式ガイド」見た目年齢「骨盤力公式ガイド」痛み不調「骨盤力公式ガイド」骨格、筋肉「骨盤力公式ガイド」

 骨盤力「いいね!」マーク

頭を動かさずに下丹田を上に持ち上げるような姿勢を意識するとステキに見えます。

おへそを前に突き出して胸を張る姿勢をとると、ステキに見えますが・・・

中年以降の日本人の多くがなりがちな骨盤で猫背です。その原因の多くが太ももの後ろ側、ハムストリングスが関係しています。ハムストリングスが骨盤を後方に引っ張り骨盤が後傾しお尻が垂れてしまう原因となります。そのためにもハムストリングスのストレッチは重要ですが・・・

美尻のポイント

ハムストリングスが骨盤を後方に引っ張り骨盤が後傾しお尻が垂れてしまう原因。

下のイラストのようにハムストリングスが骨盤を脚のほうに引っ張り猫背になります。するとお尻は垂れてしまうのです。ハムストリングスは巨大な筋肉のために一工夫も二工夫も加えないと成果が出難いものです。ではその一工夫も二工夫を次章でご紹介します。

骨盤の前傾後傾と筋肉の関係

 骨盤力「いいね!」マーク

さらに美尻へ。骨盤後傾タイプの5ステップセルフケア。

(1) ハムストリングスのストレッチを行いましょう。

イラストを参考に脚を交差し上体をゆっくりと下げます。太ももの後ろ側(ハムストリングス)からふくらはぎにかけて、じわーっと伸びる感じを大事にしましょう。

ハムストリングスのストレッチ

(2) ハムストリングスは巨大な筋肉なので腰の柔軟性のテストで確認しておきます。

手順。

イラストを参考に両膝を曲げて足指を持ちます > 膝を伸ばしていきます > 膝を伸ばしきったら片側の前腕をスネに付けます > 両腕の前腕をスネにつけます。赤い字は要注意です。

  1. ヒザが完全に伸び両腕の前腕をスネにつけられる。
  2. ヒザが完全に伸び片方の前腕をスネにつけられる。
  3. ヒザはギリギリ伸びる。前腕は無理だが肘は片側だけつけることが出来る。
  4. ヒザが完全に伸びない。ふくらはぎ〜ハムストリングス〜腰が突っ張る。痛みがでる。

美尻のためには3点はクリアしておきたいところです。なにごとも魅力的な美尻のため。楽しみながら頑張りましょう!

腰の柔軟性、足を上げる

(3)背中の筋肉をエクササイズ。

下イラスト。ダイエット腕立て伏せの異名を持つプランクがおすすめです。背中の筋肉をエクササイズしてお尻が垂れ下がらないようにします。

ダイエット腕立て伏せ(プランク)

ここで骨盤力矯正を受けて骨盤力を回復させると即効性があるのですが・・・

下の動画は産後ママさんの骨盤力を確認しているところです。足腰に全く力が入ってないために残念ながらヒップも下に垂れ下がっていました。

骨盤力矯正は専門教育を受けないと難しいのですが、(1)〜(3)までを継続して行うと骨盤力もやがて回復していきますのでご安心ください。「それまで待てない!」と言う方はこちらです。

(4) ここまで来たらイラストを参考にポージングを行います。

赤いラインをイメージして立ちましょう。足〜太ももの後ろ側は赤いラインが縦に伸びて、そしてお腹から胸〜頭が後ろに反るようなイメージです。さらに壁に沿って立って壁と腰との隙間も手のひら1枚〜1,5枚に収まっているかを確認しておきましょう。背骨のカーブがこれで決まりますし、背骨と骨盤は繋がっていますから美尻もの重要です。

美尻のポイント

(5) 後ろに反らすと腰が痛くなる場合。

骨盤が後傾している方は前かがみの姿勢になると腰が突っ張るような痛みが出る場合があります。こちらの骨盤力ガイドを参考に腰をセルフケアしておきましょう。下のイラストをクリック>>>

後ろに反らすと痛くなる腰の「腰痛ストレッチ」

骨盤後傾タイプの美尻ポイント。まとめ

表現はあまり良くありませんが「垂れ尻」というタイプの姿勢がこれです。そのためどうしてもヒップが下がって見えて胴長短足に見えてしまいます。中年以降の日本人に非常に多いタイプで、言い換えるとここでビシッと骨盤力を整えて美尻を手に入れると魅力が一気に引き上がるのです。

歪み解決メルマガ

いろいろと書いてあるけど、結局は何からやればいいの?

そんな声を受けて順番に学べるように工夫しました。

お名前

メールアドレス



登録解除も簡単。安心して学んでください。読者の感想はこちらです>>>

[/su_note]

ピックアップ記事

  1. 脚が外旋タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう
  2. O脚タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう
  3. 姿勢で分かる。パワハラの上手なかわし方!
  4. 姿勢を正しく美しくするポイントを頭から骨盤〜つま先まで解説
  5. 骨盤後傾タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう

関連記事

  1. 足つぼ

    機能美と体幹

    体のメンテナンス。あれもこれもあってどこから手をつけていいか分からないときは?

    まずは足から整えましょう。もちろん体の状態によって優先順位は変…

  2. 膝

    機能美と体幹

    膝に負担をかけない骨盤矯正はありますか?

    はいあります!骨盤が正しく動く事がポイントです。骨盤の前傾後傾…

  3. 階段

    機能美と体幹

    階段を使うと体、心、姿勢にはどんな影響があるのでしょうか

    階段を普通に使う人と、階段が苦手な方。骨盤でしっかりと立って歩…

  4. ハイヒールで階段

    機能美と体幹

    ハイヒールで階段を楽しく登るための骨盤力活用方法

    2019年1/31編集 < 2018年10月投稿。ハイヒー…

  5. サダルで歩く、足音
  6. 骨盤力矯正、ビフォーアフター

    機能美と体幹

    身体の歪みは、あなたが頑張った証です。文字通り体が歪むほどに頑張った。

    体の歪みは、あなたを守るために体が頑張ってた証です。だから体の…


お名前

メールアドレス



スクール

 骨盤力・整体スクール

人気のガイド

  1. 足つぼ
  2. 肩甲骨の動きと姿勢
  3. 正しい姿勢とは
  4. プラスチックの椅子と集中力
  5. 階段
  6. 背骨、脊柱
  7. 集中力
  8. 骨盤矯正 足の角度の違い
  9. 骨盤のタイプと美尻
  10. 骨盤力公式ガイド、筋肉、骨格辞典(動画)
  1. 脇を開く、締める

    ダイエット

    二の腕を引き締めたいけどタプタプに逆戻り > それ骨盤から引き締めましょう!
  2. 正しい姿勢とは

    骨盤と姿勢

    骨盤力矯正でバイアスをかけて立つ「疲れにくい」と「美」の両立へ
  3. 親子

    痛み,不調

    ぎっくり腰を寄せ付けない、しなやかな体幹の作り方
  4. 骨盤のタイプと美尻

    機能美と体幹

    脚が外旋タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう
  5. 階段

    機能美と体幹

    階段が苦手です。「階段を使ってみよう!」と思えるコツはありますか?
PAGE TOP