歩き方「外ターン」

機能美と体幹

美しく歩きターンする。内ターンと外ターンの2つを図解で解説

歩いて曲がる。何気ない動作を書籍などで調べてみましたが、どれもまっすぐ歩く事だけで曲がる事については情報が少ないようです。というわけで歩き方、曲がり方を調べてみました。

骨盤力の開発者、松乃わなり骨盤力「公式」ガイド監修・執筆
骨盤力整体スクール,東京,札幌,福岡 / 松乃わなり

「目次」

  1. 歩いて曲がる「内ターン」
  2. 歩いて曲がる「外ターン」
  3. 内ターンと外ターンの比較
  4. 内ターンを詳しく見てみる
  5. 外ターンを詳しく見てみる

骨盤力と姿勢「骨盤力公式ガイド」機能美「骨盤力公式ガイド」ダイエット「骨盤力公式ガイド」見た目年齢「骨盤力公式ガイド」痛み不調「骨盤力公式ガイド」骨格、筋肉「骨盤力公式ガイド」

 骨盤力「いいね!」マーク

歩いて曲がる「内ターン」

左に曲がる時に左脚を内側に振ってターンする歩き方です。

名付けて内股ターン(うちまたーん)。街中で歩き方の観察をしていると女性はこの歩き方が多い傾向がありますし見ていて優雅な雰囲気を感じます。

歩き方、ターンの仕方「内ターン」

 骨盤力「いいね!」マーク

歩いて曲がる「外ターン」

左に曲がる時に右脚を外側に振ってターンする歩き方です。

名付けて外股ターン(そとまたーん)。男性がこの歩き方が多い傾向があるようです。力強い印象を感じます。街中で歩き方を観察していると内股ターンも外股ターンもどちらでも構わないと思いますが、身体構造的には内股ターンのほうが身体に優しいように思えます。骨盤の縦方向の動きが内股ターンの方が動かしやすいからです。

歩き方、ターンの仕方「外ターン」

 骨盤力「いいね!」マーク

内ターンと外ターンの比較してみました。

イラストだけでは特徴の違いを再現し切れなかったのですが、内ターンの方が内転筋を使って脚を内側に寄せるのでキュッと引き締まったようなイメージあります。それに対して外ターンは体幹(胴体)全体が先にターン方向に向くので動きに大きさを感じます。歩き方の観察で外ターンの方が男性的で力強さを感じたのはこの点なのかなと思います。

歩き方のターン比較

 骨盤力「いいね!」マーク

歩いて曲がる「内ターン」を詳しく見てみる。

  • 下イラスト(2)で右足を軸足で体重が乗っています。
  • (2)で左股関節〜左太腿を内側にねじるように動かしています(股関節の内旋)同時に右太腿はわずかに外にねじれます(股関節の外旋)この動きは身体をねじるとき(体幹の回旋)の基本動作です。
  • (2)の左股関節〜左太腿を内側にねじる動きが内側へのターンする力となります。それに続くように膝、つま先もターン方向に向きます。
  • 一瞬遅れて胸、肩がターン方向に向きます。このように骨盤>股関節>膝>足>胸、肩の順に動くのは体幹の使い方の基本動作です。

歩き方「内ターン」

 骨盤力「いいね!」マーク

歩いて曲がる「外ターン」を詳しく見てみる。

  • 下イラスト(2)で右足で地面を蹴った力を利用して右股関節〜左太腿を外側にねじるように動かしています(股関節の外旋)同時に左太腿はわずかに内にねじれます(股関節の内旋)
  • この動きは蹴り足を使って骨盤を上方向に持ち上げる(骨盤の側方傾斜)がやりにくいようにも思えます。そのためにターンの仕方がカクンと曲がるような印象があります。街中での歩き方の観察で男性的と表現したのはこのあたりが関係しているのかも知れません。
  • (3)での右股関節〜が外側を向きそれに続くように膝、つま先もターン方向に向きます。
  • 一瞬遅れて胸がターン方向に向きます。

歩き方「外ターン」

 

歩き方、ターンの仕方には外ターンと内ターンの2つ。まとめ。

今まで何気なく歩いていましたが細かく歩き方を観察すると、多くの仕組みに支えられて歩いているのだなと改めて感じました。そして歩いて曲がる(ターン)ときには内股ターンと外股ターンの2つがあってそれぞれ骨盤、股関節の使われ方が違うのも勉強になりました。

女性では内股ターンが多い事も発見です。さらにこのページでは触れていませんが猫背や反り腰など姿勢が悪い人は骨盤と股関節でターンするのではなくて足首でターンしています(股関節も少々動く)そしてこの歩き方では外股ターンしか出来ない事も観察できました。

私たちのご先祖様が二足方向で歩き出して700万年経っているそうです(人がチンパンジーと分岐したころ、またはその直前でサヘラントロプスと呼ばれています)人生100年時代と言われて7万回分という気の遠くなる時間をかけて二足歩行を進化させてくれたのですねご先祖様は。ありがたい事です。

ピックアップ記事

  1. O脚を美脚に矯正するポイントは骨盤の重心と猫背です
  2. 脚が外旋タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう
  3. O脚タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう
  4. 姿勢で分かる。パワハラの上手なかわし方!
  5. 姿勢を正しく美しくするポイントを頭から骨盤〜つま先まで解説

関連記事

  1. サダルで歩く、足音
  2. ハイヒール

    機能美と体幹

    ハイヒールは腰に悪いのですか? いいえ誤解です。健康サンダルになる可能性あります。

    ハイヒールを悪者にしているのは・・・正しい立ち方と姿勢、足や股…

  3. 体幹と生物の進化

    機能美と体幹

    体幹はこうやって生まれた!横隔膜の誕生〜腹式呼吸への1億年の物語

    横隔膜が誕生したのは1億5千万年前と言われています。きっかけは…

  4. 階段

    機能美と体幹

    階段が苦手です。「階段を使ってみよう!」と思えるコツはありますか?

    階段を使ってみようかな?!日頃の運動不足。「なんとかしなければ…

  5. 上向きで寝る

    機能美と体幹

    姿勢と睡眠の関係。姿勢が悪いと寝ても疲れがとれにくい?

    姿勢と睡眠の関係。ぐっすり眠る。目覚めスッキリ! とかく今の時…

  6. ハイヒールで階段

    機能美と体幹

    ハイヒールで階段を楽しく登るための骨盤力活用方法

    2019年1/31編集 < 2018年10月投稿。ハイヒー…

スクール

 骨盤力・整体スクール

人気のガイド

  1. ねじると痛くなる腰の「腰痛ストレッチ」
  2. 下を向く子ども
  3. 体幹の側屈、首の側屈
  4. 姿勢と腹筋
  5. アナトミカルポジション
  6. 美脚矯正のポイント
  7. 女性の後ろ姿
  1. 美尻のポイント

    未分類

    脚が内旋タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう
  2. 猫背で座る

    見た目年齢

    いつもお顔下向きでスマホいじり、その害は口〜首筋〜喉元に!
  3. 体幹の側屈、首の側屈

    機能美と体幹

    体幹とは? 骨盤、姿勢、動かし方まで徹底解説
  4. 階段

    機能美と体幹

    階段を使うと体、心、姿勢にはどんな影響があるのでしょうか
  5. 体幹の側屈、首の側屈

    骨格

    屈曲、伸展、外転などの解剖学用語をイラストと動画で理解しよう
PAGE TOP