トレンデレンブルグ徴候、デュシェンヌ徴候

骨盤と姿勢

トレンデレンブルグ徴候,デュシェンヌ徴候は歩くときお尻が下がる現象

2019年1/30編集 < 2018年11月投稿。

歩く時片足で体を支えているときに、重力に負けてお尻が下がり骨盤が傾斜する現象です。お尻まわりの股関節外転筋群で主に中殿筋や小殿筋に問題があるようです。

(ややプロ向けの記事です)

骨盤力の開発者、松乃わなり骨盤力「公式」ガイド監修
骨盤力スクール(東京,札幌,福岡)最高責任者 / 松乃わなり

骨盤力と姿勢「骨盤力公式ガイド」機能美「骨盤力公式ガイド」ダイエット「骨盤力公式ガイド」見た目年齢「骨盤力公式ガイド」痛み不調「骨盤力公式ガイド」骨格、筋肉「骨盤力公式ガイド」

トレンデレンブルグ徴候とは。

歩く時に足に問題があり体を支えられずに(健側)の骨盤が下に傾斜します。

歩くとき、持ち上げた脚とお尻が垂れ下がらないように、お尻の筋肉(股関節外転筋群で主に中殿筋や小殿筋)が働きます。これらの働きが低下すると重力に負けて左足(健側)は下がってしまい頭を反対側(患側)に振ってバランスをとります。

デュシェンヌ徴候とは。

歩く時に足に問題があり体を支えられずに(患側)の骨盤が下に傾斜します。

骨盤力の応用。

正しく歩けなくなってしまったトレンデレンブルグ徴候やデュシェンヌ徴候を理解するには、正しい歩き方を知ることも大切かと思います。

正しい歩き方とは骨盤の左右の角度を変化させながら歩くことです。これによって左右の骨盤が機関車の車輪のように回転(ジャイロ運動)しながら前に歩く事ができます。

これは正しく歩いている人を観察すると骨盤が円運動を描きながら動いている様子が見て取れます。しかし姿勢の悪い人の歩き方では円運動の縦半分、または横半分しか動いてないことがとても多いです。

この骨盤を使った歩きのためには骨盤力は必須です。なぜなら正しい歩き方は正しい姿勢からでしか歩けないし正しい姿勢の土台が骨盤力だからです。

骨盤と股関節で正しく歩くとは

歩く時に脚が下がらないように頑張っているのは、股関節外転筋群として主に中殿筋や小殿筋が担当しています。これらの筋肉は骨盤から大腿骨に向かって縦方向に走っており脚が下がらないように支える役目があります。下イラスト、グリーンのライン。

骨盤の左右の角度を変化させながら歩く。お尻の筋肉が活発に働く、さらにお尻の筋肉は歩く時に脚が下がらないように頑張っている。トレンデレンブルグ徴候もデュシェンヌ徴候も日頃の姿勢、そして骨盤力が関係しているのかも知れませんね。

正しく歩くためには

参考 > トレンデレンブルグ – 日本理学療法士協会

歪み解決メルマガ

いろいろと書いてあるけど、結局は何からやればいいの?

そんな声を受けて順番に学べるように工夫しました。

お名前

メールアドレス



登録解除も簡単。安心して学んでください。読者の感想はこちらです>>>

ピックアップ記事

  1. 姿勢で分かる。パワハラの上手なかわし方!
  2. 姿勢を正しく美しくするポイントを頭から骨盤〜つま先まで解説
  3. 体のメンテナンス。何からやれば良いか分からないときは?
  4. O脚タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう
  5. O脚を美脚に矯正するポイントは骨盤重心と猫背です

関連記事

  1. 立つ歩く座る、全身の統一感

    骨盤と姿勢

    体幹が歪んでいると言われました。どうしたら良いでしょうか?

    腕と脇の下で体幹の歪みを整えましょう。20年間の整体の経験から…

  2. 正しい姿勢とは

    骨盤と姿勢

    骨盤力矯正でバイアスをかけて立つ「疲れにくい」と「美」の両立へ

    2019年2/3編集 < 2019年1月投稿。疲れにくい立ち方…

  3. 肩の力を抜き肩甲骨を引き寄せる

    骨盤と姿勢

     肩甲骨を正しい位置に矯正。それ骨盤から整えていきましょう!

    肩甲骨を最適な位置に矯正するには、骨盤から整える必要があります…

  4. 脇を締める
  5. ストレッチ

    骨盤と姿勢

    姿勢を正しく美しくするポイントを頭から骨盤〜つま先まで解説

    頭〜肩と肩甲骨。骨盤〜内転筋。足首と足まで。上から順番に大切な…

  6. 肩甲骨と猫背の座り姿

    骨盤と姿勢

    肩甲骨の動きが悪いと言われました。なにか影響はありますか?

    体型、痛み、効率などいろいろ問題が出ます。脅すつもりはありませ…


お名前

メールアドレス



骨盤力スクール(東京、北海道、福岡)

骨盤力スクール

人気のガイド

  1. 肩の力を抜き肩甲骨を引き寄せる
  2. 膝とクレーンの構造
  3. 足つぼ
  4. 脇を開く、締める
  5. バランスボール
  6. 大腿四頭筋
  7. 骨盤の側方傾斜と水平回旋、さらに骨盤の前傾も組み合わさってジャイロ運動
  8. 骨盤のタイプと美尻
  9. 立ち続けると痛くなる腰の「腰痛ストレッチ」
  10. 集中力
  1. 膝とクレーンの構造

    骨格

    膝関節が力を出す仕組みは、工事現場のクレーンと同じ仕組み
  2. 大腿四頭筋

    骨格、筋肉

    大腿四頭筋(だいたいしとうきん)を学ぼう
  3. ハイヒール

    機能美と体幹

    ハイヒールは腰に悪いのですか? いいえ誤解です。健康サンダルになる可能性あります…
  4. 親子

    痛み,不調

    ぎっくり腰を寄せ付けない、しなやかな体幹の作り方
  5. 美尻のポイント

    ダイエット

    脚が内旋タイプの美尻はここがポイント。豊富な図解で美尻を手に入れよう
PAGE TOP